理科

医師は、日本での多言語遠隔医療サービスへの言語の壁を崩している

東京の病院で医師として働いている間ジョー達郎狙う言語障壁のために、外国人が日本人と同じレベルの医療サービスを受けることが難しいと、多くの場合感じました。

日本で生まれ、台湾で育ったジョー結局4年前、東京に外国人のための医療と生活支援の専門会社でJoes Corp.を設立しました。

コロナウイルスが流行し、台湾と日本で医学を専攻した組会社のサービスを拡大し、会社は、オンライン医療相談と多言語のチェックを開始しました。

会社は開始 オンライン家庭のサービス 1月には、英語、中国語、ベトナム語、日本語で個人を対象とし、今月には、政府が支援する技術インターンシッププログラムに基づいてここで働いている会社の従業員と外国研修生を対象にサービスを拡大しました。

会社のサービスを利用すれば内科、呼吸器内科、耳鼻咽喉科、小児科、皮膚科を担当する10人以上の医師とズームを使用して、4ヶ国語で相談することができます。

健康診断が必要な場合は、オンラインでクレジットカードで診療を行って支払うことができ、薬剤は患者の家に直接配信されます。

現時点でコロナウイルス感染症にかかった人を助けることを目的としているので、最大10分の医療相談は無料です。 処方箋が含まれている最大15分の検査は税込み1,000円ですが、薬や配信コストは含まれていません。

趙会長は、日本の医療の国際化が伝染病のために1年遅れの後、今年の夏に開催される予定の東京オリンピックを控えて改善されていると思うと述べた。

しかし、医師は、開発が増加する需要に追いつかず、また、日本で多くの外国人に、より良いサービスを提供する方法を検討していると述べた。

入国管理局が集計した資料によると、日本に居住する外国人の数は、6月に295万人を超えた。

ジョーインターネットやソーシャルメディアを通じてより多くの外国人に近づいていくことを目標にすると述べた。

「私は台湾と日本での医療経験があり、二つの文化の両方を理解します。 私は助けが必要な人に私の強みに貢献したいと思います。

彼は言葉の壁が原因で、自分の状態を適切に説明することができないので、医師に相談することを躊躇している人を助けコロナウイルス感染の恐れクリニックを訪問することが気になる人を助けたいと付け加えた。

会社によると、2月中旬現在サービス利用者数は3000人を超えた。

遠隔診療は、1997年に人里離れた島と農村部の患者に初めて可能にしました。 2018年に全国で発売されたが、すでに薬の処方を受けた特定の慢性疾患の患者に限定しました。

政府は、コロナウイルス感染の拡散に対処するための一時的措置として、昨年4月の新規患者の遠隔医療サービスを許可ヘトウミョイ措置を恒久的に検討している。

いくつかの他遠隔医療サービスは、医師をオンラインで会う利便性を強調したが、Joes Corp.は、医師が患者の状態をよりよく理解し、それらの間の相互作用を増加させるデイサービスが目的と述べた。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  ロシアと中国、共同月宇宙ステーションの建設に合意

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close