世界

医療崩壊寸前の米国でコロナワクチンを巡って大混乱| Smart FLASH /スマフラー[光文社週刊誌]

ワクチン行列(写真:AP /アフリカ)

クリスマスにカリフォルニア州ICUベッドの空き率が平均0%となった。 特にサンディエゴとロサンゼルスなど南の拡散が深刻だ。 現在、国家の新型コロナ新規患者数は1日200万人を超え、96%の病院が救急患者の搬送先を変更されている状態である。

カリフォルニア州の感染は、最近まで、かなり抑制されていたが、11月末から患者が急増して1ヶ月後には、新規患者数が3倍以上に増えた。 国では、受け入れ先のない患者に新たな施設を作り、医療現場では、緊急でない手術を延期している。 医療崩壊寸前だミーティングルーム、ショップ患者を寝かせるなど定員100%を超えても淡々と作業が続いている。

ロサンゼルス保健当局は、伝染性の強い変種ウイルスの可能性を模索しているが、まだ変異ウイルスの公式の報告はない。 このような状況を打開すると信じて頼るワクチンである。 米国では今月中旬から始まったワクチン接種は、これまでに200万人以上が受けているが、混乱も発生している。

フロリダ州では、高リスクの面で働く医療関係者と65歳以上のワクチン接種すると発表された直後から、高齢者が屋外で一晩並んで開始接種開始の2時間前に予定数に達してしまった。 予約ではなく、先着順で接種されたからである。

ニューヨーク州では、ワクチンが否定流通優先グループに属していない宗教家が接種に当局が捜査をしている。 西海岸の医師は2万5000ドル(約260万円)の寄付と引き換えに優先的に接種して与えることができるかどうかを患者に打診する。 この医師は確かに拒絶したが、国は否定を行った医療従事者の免許を選ぶなど、厳しい措置をとる。

また、スタンフォード大学病院では、院内でのワクチン接種の最初のグループに患者を直接診察していない教授などが現場のスタッフがほとんど入らなかったから抗議デモが起き、病院側が後で謝罪する事件も起きている。

ワクチンの安全性を促進する意味で、政治家などが公開接種するケースが続いたが、若い議員接種に疑問の声も上がった。 都市では、教師が優先接種を希望してデモを実施し、囚人の高いリスクグループに優先接種するところもあり、人をどのように優先するか、大きな議論が起きている。 今後ワクチン接種が開始日本でも詳細を定めておかなければ混乱が生じるかもしれない。

コロナウイルスは、短期間で完成されたため、接種に戸惑う人は多いが、いくつかの研究で希望者の割合が増加している。 カイザーファミリー財団の調査では、接種希望者は71%に達した。 今後の距離にある薬局でもワクチン接種が展開されていく予定である。

専門家の中にはこのまま順調にワクチン接種が行われると、感染の拡大は、2021年3月終盤には定着ではないかと発言している人も多くなった。 新年に向けて少し明るい話題が多くなったようだ。 (取材・文/白虎京子)

READ  バングラデシュのボート事故で少なくとも25人が死亡| バングラデシュ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close