技術

十分なサンプルを得ることができていると判断した。 NASAは小惑星探査機オシリスレックスの最新画像を公開| sorae宇宙のポータルサイト

オシリスレックスのサンプル採取装置」TAGSAM」端を撮った連続写真。 漂っているのは、採取された粒子の一部が見える(Credit:NASA)

NASAは10月24日、日本時間の10月21日の朝に小惑星ベンヌでサンプル採取を実施した小惑星探査機「OSIRIS-REx(オシリスレックス)」サンプル採取装置を撮影した写真を公開した。画像は、採取装置の外に漂っているように見える多くの粒子が写って十分な量のサンプルを採取することができたと判断されています。

画像はオシリスレックスに搭載されたカメラのいずれか “SamCam”で撮影されました。白いドーナツ部分は、サンプル採取装置「TAGSAM(Touch-And-Goサンプル獲得のメカニズム)」最後に、サンプル採取時には、この部分がベンヌの表面に接触して噴射された窒素ガスによって外側に飛んで表面の物質を採取する構造になっています。

▲TAGSAM拡張、サンプル採取、回収カプセルに収納を再現した動画▲
(クレジット:NASA / Goddard)

サンプルは、内部に設置されたフラップ(ふた)に蓄積されますが発表によると、大きな石によってフラップにすき間が生じ、小さな粒子の一部が、その隙を通過するすることができ考えることができます。 10月24日に採取されたサンプルの質量を測定するためにTAGSAMを伸ばし探査機を回転させる作業が行われる予定だったが、サンプルの損失を防止するために停止されています。

オシリスレックスの使命は、少なくとも60グラムのサンプルを持っていくことができ計画されています。十分な量のサンプルを採取することができなかったと判断された場合には、2021年1月に2番目のサンプル採取をする予定だったが、NASAによると、これまでのデータは、60グラムを超えるサンプルが集められたことをお勧めしているとします。オシリスレックス運用チーム十分な量のサンプルを採取することができたと判断ししており、現在ではサンプルを回収カプセルに収納する作業に集中しているということです。

オシリスレックスは2021年3月にベンヌウル出発して2023年9月24日に地球に帰還する予定です。

ベンヌの表面に向かって下降するオシリスレクスウルグリーン想像も(Credit:NASA / Goddard / University of Arizona)

関連:NASAの小惑星探査機オシリスレックスサンプル採取時の映像が公開

画像クレジット:NASA
出典: NASA
文/松村武宏

READ  Xbox Series X開封プレビュー驚くべき低騒音と性能を両立クイック再開は、次世代の快適 - Engadget日本版

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close