エンターテインメント

卒業生の更新:Sun Devil殿堂ルーシーカサレッズ、日本ソフトボール金メダリストの一部

2012年と2016年の夏季オリンピックにソフトボールがなかったので、日本代表チームは金メダルを守るために、2020年に東京で開かれる予定だったが、COVID-19疫病が襲った。 すべてのチームがそうだったように、日本は選手たちが試合に適した心構えを持っていることを確認するために、休憩時間を持ちました。

カサさんは「日本代表チームにメンタルコーチがあり、彼は続けて、すべての少女たちと連絡をとりながら継続話を交わした。オリンピックがキャンセルされた後から、私たちメンタルコーチが少女たちとの会話を開始し、それらを説得し始めた」とと述べた。 彼は自分の感情を理解し、それら遊びたくない場合は、彼らはもはや遊びたくないのが正当な理由であることを確認してください。 “

すべて復帰した中で最初の投球を翌日に控えたこれらのカウントダウンに期待感がさらに大きくなった。 日本は、2008年の最後の戦いで重要な部分を返していました。 投手上野由紀子、キャッチャー峰之あり、外野手山田エリーの両方がイベントで金メダルを獲得するのに役立つために帰って行きました。 Casarezはそれらのチームに含めると、オリンピックの舞台で初めてプレイする他の人がゲームをより簡単にすることができると信じていました。

「私たちは、2008年のオリンピックに出場した三人の選手がいて、彼らは多くの助けを与えました。それはチーム全体を落ち着かせ、落ち着いた様子を見ていました。圧迫感があるチームに多くの助けになったと思います。すべてのプロセスを介してチームに」。

金決定戦で米国を下した後、カサさんは最初から持っていた重大な期待のためにチームの肩から重荷を下ろしたような気がしました。

「両方圧迫があったようだが、今回は大衆にほぼ予想できるレベルでした。そんなプレッシャーに我に返って、自分だけのゲームをして集中するのが難しいことでした。優勝した後、期待が大きかったのチームの安定感と安堵感を感じることができたと思います。その差が私には当然とても幸せだったが、最後にすべてが深呼吸をする姿をほとんど見ることができました。」

READ  ゲームヘッド候補者を確定するパネル

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close