世界

南フランスの海岸で、少なくとも9人溺死水泳

パリ – 強い風によって攪拌親和公害により水泳者を驚かせた危険な波が発生した後、少なくとも9人が海に流され、南フランスの海岸で溺死しました。

フランスの消防士連盟のスポークスマンエリックブロカディは、ラジオ放送に「今回の被害は劇的だ」と語った。 フランスのインフォ 木曜日に。 Brocardi氏は、地方当局が荒海が予想され、特定のビーチで泳いを禁止したり、禁止する勧告を発令したと言いました。

「残念ながら、一部の人々は、禁止令を無視しました。」と彼は言いました。

管理者は水曜日に発生したすべての死者が、一般的に穏やかなものとされるが、海流が危険なことがある地中海の危険性を反映したました。

毎年、 数百人の入植者溺死 アフリカでヨーロッパに海を渡って旅をしようとしています。 国際移住機関(International Organization for Migration)によると、2019年にはほぼ1,300人が横断しようと死亡しました。

フランスの管理者によると、水曜日の水泳選手の死亡は、特に人命救助員が勤務していないとき水泳の危険を知らせるためににおける欠点を強調しました。

地元フランスの報道によると、溺死した人の一人を除いては、すべての60代と70代でした。 彼らはすべての南フランスの行政区域であり、マルセイユのモンペリエのような大都市を含むオード、ブッシュ・デュ・ローヌ、エロ地域の様々なビーチで泳いでいる途中に死亡しました。

に添付された動画 Twitterで上がってきたメッセージ 水曜日に5人が死亡したと報告されたHéraultの消防士は信じられないほどの小さなローラーが海岸線に衝突する姿を見せてくれました。

「荒海が受賞活動を危険にしています。」というメッセージが書かれています。 「水泳を避けてください。 “

オード(Aude)とブッシュ – デュ – ロン(Bouches-du-Rhône)地域は、水曜日に黄色暴風警報、エロ(Hérault)はオレンジ警報を発令し、いくつかのビーチに泳ぎが禁止された敵機が掲揚された。

一人が溺死したエロ(Hérault)注意ビア(Vias)市場であるジョーダン違うティー(Jordan Dartier)は「海が荒れたとき、人々がどのように水に入ることができたのか理解できない」と述べた。 フランスの放送LCI。 「今日は、私たちの地域に劇的な日です。」

いくつかの構造の関係者は、暖かい天候が人を泳ぐようにしており、波が危険に見えませんが、危険な水中海流を隠蔽したと示唆した。

「水が温かくて面白そうだが早く、広い海と底に引かれて行く途中疲れ戻ろうとします。 これ溺死の原因です。 放送局TF1に言った

一部の関係者は、夏休みが終わった後、人命救助員の不足に泳ぐ人々の危険性が高まったと言いました。 比較的遅い年にもかかわらず、特に暖かい天候に魅せられた多くの人々が、今年9月にフランス南部のビーチに集まった。

「私たちはビーチの監視に関する質問を自分自身に投げなければならすることです。9月にも継続されるべきででしょうか?」 Hérault地域を代表する国会議員Patrick Vignalはこう言いました。 チャンネルBFMTV

Vignalはまた、水泳志望地域当局から十分な警告を受けたのかどうかについても疑問を提起しました。

保健当局によると、 フランスでは、今年6月から8月まで250件の死亡事故が報告された。 これは去る数値集計当時の2018年の同期間に比べて5%減少した数値だ。

READ  チュニジア大統領、法令で憲法と統治の一部を無視| チュニジア

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close