スポーツ

博報堂、春グランド相撲大会で2-0で巡航

横綱 Hakuhoは月曜日Spring Grand Sumo Tournamentで完璧な記録を維持したが、 ozeki 浅野山は遅れ後の最初の損失を被った。 komusubi ダッカ安。

東京両国国技館で15日間の大会を開始するためにゴム守備大映昭和厳しい戦いを行った後、博報堂は2日目の決勝戦を1位に巡航しました。 鷹しら Takarafuji。

ランク・アンド・フィラーは、博報堂との戦いをしようとしたが、ペアロック後、歴代優勝記録保持者はTakarafuji(0-2)を腕ロック投げでタンブリングを送った。

モンゴル出身のグラップラー角類が再びケガをしたとき、36歳の博報堂は健康上の問題に起因する長期的な欠勤を克服するために努力しながら、唯一の横綱として戦っています。 日月。

前大関隆也ス(1-1)は、浅野山を彼の軌道から防ぎ、最終的に彼の倒すために格闘する印象的な姿を見せてくれました。

二人は、中央で会った時のベルトをつかんだが、Takayasuは彼粘土で送信する前にAsanoyamaを拒否するために制御を維持しました。

Ozeki Takakeishoはプッシャー – スラスターの激しい戦闘で新年トーナメント優勝者であるDaieishoを制圧しました。

相撲の強豪埼玉栄高校の卒業生である二人は、ダッカケイショー(2-0)が大映ショー(0-2)を粘土にミル打ちの前に、中央のリングで大きな打撃を受けました。

大関ショーダイ(1-1)は、1位大野ショー(0-2)を押して出して説得力のある勝利で、開幕戦の敗北から鼻むすび三田ケミに反撃した。

鷹市という突く攻撃で開かれたがショーのダイを倒そうがミスを犯した。 dohyo

2017年9月以来初めて大関の地位を取り戻そうとする関とせてる老朽地2位若タカ影(0-2)を制圧して昇進に必要な10勝以上で1勝を上げた。

前江頭がいち早くスタートしたが、Terunofuji(2-0)は、彼のオープニングの攻撃を防いでがんロックスでのスローします。

関とせ高野ショー(1-1)は、最初の敗北で2号北斗フジ(1-1)に敗れた。

高野ショーは、初期攻撃が好きされたことにもかかわらず、後進ペダルを踏みながら勝利を収めた旧小室守備を相手に勢いを維持することができなかった。

第三の皇帝カップ優勝を狙ったゴム守備三田ケミはメイセイ3回(1-1)の日常的なプッシュアウトに2-0で改善しました。

緊急事態で二番目に開かれるグランドトーナメントにコロナウイルス関連の理由で除外されたサブレスラー28人が行方不明になった。

一般的に、大阪で開催される3月のトーナメントは、進行中の感染症に苦しんで東京に移転されて両国国技館で開催される第5連続トーナメントとなりました。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  Abbottが9つの三振をつかみ出しながらSoftball-US、カナダに勝つ。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close