トップニュース

危機によって日本の出版社がウクライナ、ロシアに関する本を再印刷する

日本の出版社は、モスクワの東ヨーロッパ諸国侵攻以来、読者の関心が高まった中で、ウクライナとロシアへの漫画への無料オンラインアクセスだけでなく、本をますます再印刷しています。

しかし、一部の企業は、ウクライナで展開されている人道的危機で、数が増えている被害者のための配慮から再出版された資料を宣伝するために慎重で背が低いです。 出版界の関係者は「販売について罪悪感を感じる」と話した。

2022年3月9日に撮影した写真は、東京の書店特別コーナーに展示されたウクライナとロシアに関する本を示しています。 (刑務所)

これらの会社の中には、元ウクライナの主宰日本大使であるYuji Kurokawaの「Monogatari: Ukuraina no Rekishi」(ウクライナ歴史物語)30,000部を復刻したChuokoron-Shinsha Inc.があります。

Chuokoron-Shinshaは、この本が2002年に初めて出版されて以来、2014年のロシアのクリミア半島のマージなど、ウクライナが国際的な関心を集めるたびに注文が増加したと述べました。

チクマショボ株式会社は、東京大学の先端科学技術研究センターの講師である悠弥弘の「元太郎志野之司千里閣」(現代ロシアの軍事戦略)の20,000部を復刻しました。

小泉はウクライナの危機に関する質問に答え、ロシアの軍事行動を解釈するためにテレビに頻繁に登場します。

Kodansha Ltd.は、WebtoonサイトComic Daysで「Funso Deshitara Hatta Made」シリーズの6チャプターを無料で提供しました。

天本宏のシリーズのチャプターには、問題を解決するために世界を旅する「地政学的リスクコンサルタント」であるタイトルキャラハタユリに続く物語にウクライナが含まれています。

Publib LLCはまた、ウクライナ国営のUkrinform通信会社の日本語編集者の高嶋平野が書いたガイドブック「Ukuraina Fan Bukku」(ウクライナファンブック)のコピーを再印刷するよう努めました。

ロシアがウクライナを侵攻したまさにその日である2月24日に本の修正された原告がパブリブに提出された。

パブリブの社長浜崎吉郎(Yoshiro Hamazaki)は「戦場になった都市は実際に多くの魅力を持っている」と話した。 「それがこの本が理解するのに役立つものです。」

別の出版社は「侵略自体が悲しい話」とし、この本が「読者が侵攻の背景を理解し、ウクライナについて知るのに役立つことを願う」と話した。

READ  天2連勝突破インディアンス戦の先発/速報中 - MLBライブ速報:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close