危機の中の希望:日本の能登地震後の救援活動 – 日本

Estimated read time 1 min read

添付ファイル

2024年の旧正月、全世界が祝っている中、日本は石川県能登半島鈴木北北西7km支店で規模7.6の地震を経験しました。 死亡者238人、負傷者1,179人、行方不明者19人と知られた。

地震発生13日目の日、仏教者制裁団(BTCF)ボランティアは人道支援の第1段階で、すでに病院と臨時保護所に7,129人の温かい食事を提供しています。

地震発生から約2か月後、BTCFは住宅が完全に破壊されたか、一部が破壊された住民税の免除世帯に現金援助を提供する予定です。 現在、寒い天候に備えてBTCFのエコ毛布(厚いバージョン)、ショール、スカーフなどを臨時避難所にお送りします。

BTCFが病院に温かい食事を提供した最後の日、院長はボランティアを送り出しました。 「助けてくださった皆さんに感謝します。 あなたの応援が私たちが前に進む力と勇気になります。」

仏教の自制財団は、1966年に仏教のビグーニー裁判所のCheng Yenによって設立されたグローバル非営利人道主義団体です。 医療、慈善、教育、人本主義文化という使命を通じて、133カ国に安堵感をもたらしました。 名前にはツチの心が込められています。 中国語で「Tzu」は思いやりと「Chi」の救済を意味し、思いやり、愛、そして希望を通して、すべての人のためのより良い世界を作成し、助けを必要とする人々の苦痛を和らげます。 詳細についてはglobal.tzuchi.orgをご覧ください。 詳しい情報やメディアに関するお問い合わせは、仏教Tzu Chi財団のSandy Lu、[email protected]までメールでお問い合わせください。

婦人声明

仏教自治財団
著作権©仏教自治財団。 著作権所有
READ  日本の田中亮メイ、ボクシングフライ級銅メダル獲得
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours