経済

危険なタスクを処理するJR Westロボット

ロボットは「機動戦士ガンダム」アニメシリーズの金属腕に似た鉄路を見下ろしています。 下のコックピットでは、人間のオペレータはロボットが所定の位置に固定されるように操縦し、上の「目」を介して高電圧電線に近づくロボットを見る。

日本の労働力不足に対応して、西日本鉄道(JR West)は危険な場所を専門とするメンテナンスおよび建設作業を処理するために、このようなヒューマノイドロボットを開発しています。 鉄道事業者は正式に2024年春にロボットを操作することを願っています。

長谷川一明JR西日本社長は先月記者会見で「運転手は操縦席(地上近く)でロボットを操縦して高い所で安全に作業できるようにする」と話した。

大阪に本社を置き、本州西全域で幅広いネットワークを運営するこの鉄道は、列車上の電線点検やその他の電気作業など、労働者に危険をもたらす日常的なメンテナンス作業を機械化しています。

しかし、同社はまた、崖、斜面、強力な電流の近くなど、到達しにくいまたは危険な場所で他の容量の機械の使用を増やしたいと考えていました。

ドライバーは、トラックのコックピットからロボットを制御し、ロボットの上半分に取り付けられたカメラのビデオフィードを渡すゴーグルを介してタスクを監視します。 | JRウエスト

JR Westは、墜落や感電による作業場の事故を減らすために危険な作業を行う人材を約30%削減する計画です。

ロボット自体は、トラックに沿って移動するクレーントラックに取り付けられます。 ドライバーは、トラックのコックピットからロボットを制御し、ロボットの上半分に取り付けられたカメラのビデオフィードを渡すゴーグルを介してタスクを監視します。 Hasegawaは、コックピットで、ドライバーのレスポンシブコントロールがロボットアームの重量、抵抗、その他の感覚を検出できるため、より直感的な操作が可能であると述べました。

手は形に関係なくさまざまな材料をつかむことができ、地面で高い作業を完了し、地面での従業員の安全な作業環境をよりよく保証することができます。

このロボットは、JR West、Man-Machine Synergy Effectors Inc.(二足歩行ヒューマノイドロボットの専門会社であるJinki-Ittaiとも呼ばれる)と先進の鉄道インフラサービスプロバイダーであるNippon Signal Co.が共同で開発しました。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  岸田文雄、党指導部の勝利の後、次期首相指名

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close