原作制作に注力する日本志木劇団。 「キャッツ」、「ライオンキング」の長期制作以降

1 min read
読売新聞
7月14日「ジーザーズクライストスーパースター」日本版出演陣が公演後歓声に答えている。

先駆的な実験で演劇界を導いてきた劇団志賀が去る7月創立70周年を迎えました。 劇団は’キャッツ’、’ライオンキング’など海外ミュージカルを脚色して人気を得たが、コロナ19事態によりオリジナル作品に再び集中することになった。 日本最大の劇団は現在何をしており、その目標は何ですか?

***

「革命を起こす」

去る7月14日東京港区専用舞台自由劇場で「ジーザーズクライストスーパースター」の「日本風バージョン」を公演した。

このオリジナル作品は、英国作曲家アンドリュー・ロイド・ウェーバー(Andrew Lloyd Webber)の音楽とともに、歌舞伎などの日本の伝統的な要素をロックミュージカルに統合しました。 極端志志の創立者である朝里圭太の傑作のひとつです。 アサリは2018年に亡くなりました。

公演が終わった後、出演者たちは「今後も演劇を通じて「人生のときめき、人生の楽しさ」を伝えるために心から努力する」と感想を伝え、大きな拍手を受けた。

志木劇団は1953年に朝里他9人(主に慶應義塾大学と東京大学学生)が「演劇界に革命をもたらす」という目標で設立されました。 今日、この劇団は約1,400人の団員、年間約3,000回公演、約300万人の観客を保有する日本最大の劇団に成長しました。 東京、大阪、名古屋には7つの専用劇場があります。

朝里は政界と財界に進出し、当時首相だった中曽康弘にアドバイスもしたりしました。 彼は強力なリーダーシップと巧みな戦略で極端に拡大し、彼の作品を観客に披露しました。 しかし、彼はただ利益だけを追求したのではなく、市民社会に演劇の復元、舞台公演を通じた経済的自立、東京の過度な文化集中の正直などの原則に従って行動した。

感染症の影響

こうした哲学の実現であり、しき人気の転換点となったのは、1983年のミュージカル <캣츠>の日本初演だった。 専用劇場と大量広告、以後オンラインチケット販売などを通じて劇団は日本初の長寿公演を実現できた。 – 終了日のないプロダクションを行い、東京以外の地域でも成功した長期公演を行いました。

その後、海外のミュージカルが劇団の主な輸入源となり、劇団団員は一人で演劇活動で生活できるようになりました。 しかしファンデミックはこの事業戦略の弱点を表わした。

同社は、俳優が劇場の外で芸能人として自分自身を宣伝することを許可しておらず、会社の運営を支援する不動産やその他の事業に投資しませんでした。 政府が大規模な行事に対する自制を促し、緊急事態を宣言して公演ができなくなると会社は赤字を出した。 2020年の公演回数は例年の半分にも及ばず、売上も例年全体の3分の1である約80億円に減りました。

このような弱点を反省した後、極端は今、収益の増大と強みの強化に努めています。 有料ストリーミングパフォーマンスを提供し、アルコール飲料やその他の商品を販売することに加えて、劇団は商品開発を改善するために専門部門を作成しました。

しきはまた、オリジナル作品の開発にも集中しました。 当社は著作権の問題により映像を自由に配布したり海外製作物を製作することはできませんが、自社製作物に対する多様な権利を管理することができます。 これらの権利は危機的な状況でより容易に対応することを可能にし、新しい作品を創作することは極端にすべきことの一部です。

「変化を恐れてはいけない」

写真提供:安倍明人
オリジナルミュージカル「バケモノノコ」(「少年と野獣」)

2022年には同名の人気アニメ映画を脚色したミュージカル「バケモノノコ」(「少年と野獣」)を公演しました。 東京で11ヶ月間成功しました。 それにもかかわらず、オリジナル作品が昨年の売上で占める割合は13.5%に過ぎなかった。

劇団志木吉田千代社長は「安定的な事業運営のためには原作と海外作品の売上が今後も均一に行われるのが最善」と話した。 「長くても、目的地を見守る必要があります。」

創立70周年記念紙は「極端な志木が100年間続くのか?」というタイトルの吉田の発言から始まります。

「私たちは原則を守りますが、志木は今の姿で生き残ることができますか? 私たちは変化を恐れてはならない」と吉田は書いた。

映画および演劇評論家の萩尾仁美は「吉田社長は朝里氏の遺産を維持しながら会社を柔軟に運営している」と話した。 「海外制作収益を上げながら、レベルの高い原作を制作しています。 会社が2つのバランスを保ち続ける姿を見たいと思います。」

会社の将来の成長の鍵は、元の原則を維持しながら長期的な観点から生産を育成することです。

新しい劇場の観客を引き付ける

写真: 山ノ上正信
1983年 極端しきの <캣츠> 制作のために設置された東京西新宿のテントシアター

他の主要グループも海外大規模ショーを日本版で披露している。 ここには東方有限公司、HoriPro Inc.、Umeda Arts Theatre Co. そして高塚 Revue Company が含まれます。

その中で宝塚歌劇団だけが志木のような専担出演陣を保有している。 無期限の製作が志木の専有物だったが、ホリプロは昨年から’ハリーポッターと呪われた子供’舞台製作に挑戦状を出した。

しかし、志木の長い作品の歴史は深く豊かです。 「キャッツ」は1980年代の東京、大阪に続き、1990年代の福岡、札幌で成功した長寿作で成功した。

させる地域公演に集中するのも特徴だ。 2008年、劇団は演劇を見る機会がほとんどない地域の子どもたちを無料で招待する慈善プロジェクトであるココロノ耕城(心の劇場)を始めました。 劇団はまた、ミュージカルパフォーマンスのために北海道の利尻島のような孤島を旅します。 ファンデミックによって活動が中断され、今年4月に再開されました。

地域の強調は、東京の過剰な文化集中を正すための敷地の原則によるものです。 Shikiは、劇場観客の底辺の拡大と将来の観客の育成に大きな役割を果たしています。


東日本大震災以降、平成11年7月岩手県大津市中学校体育館で開かれた劇団敷特別公演
READ  Kwaidanは普遍的なテーマで4つの日本のゴーストストーリーを提供しています。
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours