スポーツ

原口健康 “正直また一つという感じ」日本代表は、「2年前」を克服できるか – サッカー日本代表 – Number Web

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、今年、日本代表の親善試合は10月、11月にヨーロッパで4試合で引けた。

W杯、ロシア大会で2年。 そしてW杯大会まであと2年タイミングで強豪メキシコを相手に、チームの成熟度が試みられると期待していた。 本来であれば、今年の夏の東京オリンピックの結果が森保監督の評価に影響を与えていた可能性もあるが、その機会も新型コロナウイルスによって延期されています。 Wワールドカップアジア予選も延期されているので、来年以降の日程がどうなるのか? いろいろ積み残しているのは多い。

4試合で2勝1分け1敗。 その中の3試合を無失点したが、4試合で奪った得点は2得点のみ。 日本の時間17日に行われ、メキシコ戦では0-2で敗れた。

選手が覚えている “そのベルギーの前で…」


「(ベルギー転移)フラッシュバックしました。なぜ、毎回こうなるんだし、2年前にベルギーの伝導そうで、勝つことができるかという感情が、やはりあります。しかし、簡単に勝つことができない相手。正直また一つという感じ」とメキシコ前後、原口元気が落胆した。

「ベルギーの前」は、W杯、ロシア戦16強戦のこと。 2-0でリードしながら2-3で逆転された。 2-2で迎えた終盤CKを機会に手に入れた日本のだったが、そのボールはゴールキーパーキャッチされ、そこからカウンター攻撃でベルギーの得点を許可したものである。

「タイのまま延長を迎える選択があったではないか?」などの意見が分かれる試合だったが、W杯競技に移動する方法について、ブラジル大会でも課題として残った。

「このチームはW杯ベルギーの転移の基準となっている。その試合でなかったことを、4年に追求するテーマの一つです。試合で流れを読んで自分で判断して、より良い方向に軌道修正することが、その試合で足りなかった。森保さんも集まりでいつも言っていて、私たちもよく行っていないときに耐える変化を起こし軌道修正することを意識している。

そのためにも選手だけでなく、チームの経験値が高くなければならない。 組み合わせと運の部分で(W杯グループリーグを)突破する可能性があっても、その上に行って本当の実力がなければ困難であること、ベルギー戦で感じた。 そのためには、個々の経験値をそれぞれ上げ、チームの成熟度を高めることが課題だと思います」

メキシコ戦を控えてこう言った吉田麻也の意見を聞きながら覚えて興味深いコメントがあった。 11月10日、パナマ戦を控えた柴崎岳の意見である。 ボール支配率比について追及したときの答えである。

[다음 페이지]柴咲が言う「サッカー日本代表の異常」

READ  「トーチは、ニューヨークより親切な村」7年前ロシタウル決断させた田川勇太に「質問攻め」と - Bリーグ - Number Web

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close