原爆佐賀「オッペンハイマー」、いよいよ日本公開 – 芸能

Estimated read time 1 min read

娯楽


アメリカのブロックバスターは7月にアメリカや他の多くの国でスクリーンを打ちました。






東京(AFP) – オスカー賞最優秀作品賞受賞作である「オッペンハイマー」が金曜日に日本でいよいよ公開されたが、原子爆弾製造を主導した人というテーマは非常に敏感で感情的なテーマです。

アメリカのブロックバスターは「バービー」と同時に7月、米国や他の多くの国でスクリーンを強打し、映画ファンの間で「バーベンハイマー」というウイルス現象を呼び起こしました。

しかし'バービー'は去る8月日本で公開された反面、'オッペンハイマー'は数ヶ月間目立って劇場に出ていなかった。

当時の公式な説明は提供されておらず、この映画が展示核攻撃を受けた唯一の国家である日本で上映されるにはあまりにも議論になったという推測を呼び起こしました。

第二次世界大戦が終わる数日前の1945年、米国が都市に原子爆弾を投下した時、広島では約14万人、長崎では7万4000人が死亡した。

去る金曜日「オッペンハイマー」が上映されていた東京中心部のある大型映画館には、世界的なメガヒット作を期待するほどの目立つ広報資料が一つもありませんでした。

代わりに、1つの小さなポスターだけがこの映画を宣伝し、映画は1億ドルの予算で撮影され、世界のボックスオフィスでほぼ10億ドルを集めました。

「アメリカ中心」

この映画には、爆弾の発明を監督したアメリカの物理学者J. Robert Oppenheimerの話が含まれています。

絶賛を受け、クリストファー・ノランの監督賞とスター・キリオン・マーフィーの男優主演賞を含む7つの賞を受賞し、今月オスカー授賞式で最も装飾された作品でした。

しかし、最初の核爆弾で荒廃した都市広島で、この電気映画のアカデミー授賞式の成功は交錯した反応を見せました。

市国際映画祭会長の平屋恭子は、授賞式の後、AFPとのインタビューで驚いた監督の映画が「非常にアメリカ中心的」と感じたと語った。 「これが本当に広島の人々が見たい映画なのか?」 彼女は尋ねた。

今日、この都市は120万人の人口が住む繁栄する大都市ですが、ドーム型の建物の遺跡は、博物館やその他の落ち着いた記念碑と共に、まだ攻撃の恐怖を思い起こさせます。

ヘヤは悩みの末に「これから多くの方々が映画を見ていただきたい」と話した。 彼女は「この映画を通じて広島、長崎、原子武器が話題になるのを見ることができて嬉しい」と話した。

昨年、ウイルスの「バルベンハイマー」ミームが日本のオンラインで怒りを引き起こしました。
原爆の生存者であり、元広島市場である平岡高志(96歳)は、今月初めに広島で開かれた特別上映会で「原子兵器の恐怖についてさらに説明と描写があったかもしれない」と話した。

「オッペンハイマー」は長崎で開かれた試写会でも上映されたが、そこで生存者ドモナガ・マサオ(80)は映画に深い印象を受けたと話した。

2番目の原子爆弾が投下された時、2歳で、後に原子爆弾による白血病を研究する教授となったドモナガは「私は映画に原子爆弾生存者のイメージが足りないと思った」と話した。

「しかし、実際に数十の場面で、オッペンハイマーの代謝は原子爆弾の現実に対する彼の衝撃を示しました。それは私にとって十分でした」。

'; var i = Math.floor(r_text.length * Math.random()); document.write(r_text[i]);

READ  アメリカ、オーストラリア下しソフトボール金メダル獲得
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours