エンターテインメント

原爆生存者の生活についての映画封切り

広島原爆生存者であり、反核兵器支持者である節子トールロウの人生を描いた映画が日本スクリーンを強打しました。

ドキュメンタリー「広島から来た誓い」の上映は土曜日、東京、大阪、名古屋など6つの映画館で始まった。

Thurlowは、第二次世界大戦が終わって、日本の西部都市広島に原子爆弾が投下された時、13歳でした。 彼女は現在、カナダに住んでいます。

この映画は、数十年の間に、全世界で核兵器の削除を擁護してきた彼女の話です。 彼女の行動主義の頂点は、国連が核兵器禁止条約を採択した後、2017年にノーベル平和賞授賞式でのスピーチしたものです。

東京・渋谷区の映画館でThurlowはビデオリンクを介して視聴者を迎えました。 彼女は映画を通じて、人々が核廃止に対する熱望を共有し、行動を起こすことを希望すると述べた。

映画製作者であり、広島の生存者の娘Takeuchi MichiはThurlowからインスピレーションを受けて映画を作ったと言いました。 彼女はこの映画が人々が行動に出るようにするのに役立ちことを希望すると述べた。

した大学生は、核兵器の憎悪がThurlowのやる気を引き出すという事実を知ることになったと言いました。 彼女は核軍縮キャンペーンへのコミットメントに励ましを受けたと付け加えた。

ドキュメンタリーは5月まで、日本全国の映画館で上映されます。

READ  ORICON NEWS:映画「鬼滅の日」興行収入300億円に向けたファン団結」軟玉氏が300億の男」「コナン」と同様の運動 - 毎日の新聞

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close