スポーツ

原監督「まだ何 “千賀対策徹底もあと1個出ず – プロ野球:日刊スポーツ

4回裏巨人無事1,2塁、床が遊ゴロ併殺に倒れ難しい顔をして原監督(撮影前岡正明)

◇第1戦◇21日◇京セラドーム大阪

低いボールの領域に沈没」幽霊フォーク “を判別千賀対策を実行した巨人打線だったが、残りの1つは出てこなかった。原監督は「まあ、いいところもあったし、開始は、このような状態からという点です。 かなり戦略的な部分を言う必要もない」と説明した。次の対戦相手が相手に対して多くの話をしていなかった。

することは徹底的た。 7回までフォーク16区のうち10区を逃し、招待に乗らなかった。 4回坂本が四球で出塁すると、4回岡本は2ボール2ストライクからの2球連続でフォークを把握連続四球で無事1,2塁とチャンスを広げた。 しかし、継続床は2球で見るシミ154キロに手を当てて、併殺打でチャンスを逃した。 昨シーズン、日本シリーズで13打数1安打に経験した要求の5番を超えてゲーム潮目で追撃することができなかった。

フォークは把握も常時150キロを超える直球に押し込まれる。 3回大城がフルカウントから6区ファウル忍耐12区を投げたが、2社塁で松原が左飛に倒れた。

1点遠い展開の中で、6回まで4点を失い、8回、四球で周東二盗を許可し、5点目を失った。 交流戦がないシーズンでシーズン初対決。 原監督は「まだ何とも言えません。大したことないか、強いとかそんなことはありません。結果的に、このようなスコアで、私たちは負けたことです」と受け入れた。 【前田雄介】

▽巨人坂本(千賀で6回重打)今日の敗北は敗北に切り替え明日するしかありません。 明日勝って5分に搬入たい。

▽巨人松原(日本シリーズ初出場も2打数無安打に終わり)最初はすごく緊張していました。 明日に向かって戻りたい。

▽巨人大成(千賀で重打)いつもと違う雰囲気で良い緊張感の中ですることができました。 敗北はしたが、切り替え明日を迎えたい。

READ  [결혼 발표]石原さとみが言っていたバスケットボール愛」好きなタイプ」「寡黙なイケメンではなく、......」 - バスケットボール - Number Web

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close