トップニュース

厳しい環境に抗議する日本のアマゾン労働者

Amazonジャパン労働者は11月25日、東京で劣悪な労働条件に反対してデモを行う予定だ。 彼らはヨーロッパとアメリカを含む世界中の多くの同僚と同社のブラックフライデー「ショッピング休暇」の間に実演しています。

日本酒井アマゾン注文処理センター。 [Photo by Asacyan / CC BY 3.0]

電子商取引の巨大企業の配達員は、最近数ヶ月間彼らに課された条件に反発しました。 日本では、過去数年間で電子商取引が急増し、COVID-19の大流行で利益を得ており、運送会社は2021年に46億8000万以上の小包を出荷しました。 Amazon Japan は 2020 年に 204 億 6,000 万ドルの収益を記録し、労働者は押された。 追加の給与や保護なしでは、より困難です。

世界最大の企業が日本の労働基準法に含まれる最小限の保護さえも受けないようにするために、配達員は「自営業者」または独立請負業者に分類されます。 このカテゴリーの労働者は、他の搾取条件の中で、雇用保護、定められた労働時間、または毎日の制限、残業手当はありません。

横浜のあるAmazonスタッフは 毎日新聞ファンデミックが始まると、彼の仕事量は2020年から2021年にほぼ2倍になりました。 その労働者は、厳しい労働時間のために疲れ、落ち込んだと言った。 彼は、「過度の仕事を強要され、運転を続けている。 このままであれば事故や倒れるかもしれない。 このパッケージは私を殺すかもしれません。」

これらの労働者が反撃する方法を探している間、今週の抗議は、いくつかの国の組合が支援する中産階級デモグループとサイビー左派政治組織の連合である「Make Amazon Pay」を通じて組織されています。 このキャンペーンは、散らばって孤立したデモが世界経済でこれらの労働者が果たす役割に関心をもたらし、アマゾンが「政策を変更」し、公正な給与と条件を導入するように圧力をかけるという幻想を助長します。 この道は行き止まりの路地につながるだけです。

主催者の主な目的は、アマゾンで搾取的な条件を実施する際に国際的に重要な役割を果たす労組を促進することです。 今年6月に労組を結成した神奈川県横須賀市労働者10人に続き、9月には長崎アマゾン配送労働者15人が労組を結成し、東京労組(GU)が共同で労組を結成した。 これらはAmazonで国内初のそのような組合です。

READ  Liev Schreiberの息子、日本で「とても美しい」評価

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close