エンターテインメント

収監前、収監中、収監後の絵を描いた画家エドモンズ美術館展示

Kenjiro Nomuraの純粋な芸術は40年にわたって個人的な悲劇を経験しました。

シアトル – エドモンズの新しい美術展は、重要なノースウエストアーティストの遺産を復元するのに役立ちます。

彼の名前は元次郎野村(Kenjiro Nomura)であり、彼は戦後、 〜中 捕虜収容所に監禁。

キュレーター・デビッド・F・マーティン(David F. Martin)は「野村健次郎は日本から来た移民アーティストだった。私は1986年に家族に会い、それ以来このような展示をしようと努力してきた」と話した。

Kenjiro Nomura、アメリカのモダニスト:イッセイアーティストの旅 内部の3つのギャラリーにまたがる カスカディア美術館 40年の作業と個人遺物を含みます。

最初の部屋の作品は野村が学生だった1915年にさかのぼります。

彼は肖像画と印象派に優れていました。 シアトルのダウンタウンの街が好きなテーマでした。 彼の評判が高まるにつれて、野村は成功したサイン絵画事業を始め、結婚し、息子を迎えました。

彼は自分の都市と自分の名前を知らせていました。

しかし、2番目の部屋は第二次世界大戦という転換点を表しています。 野村と彼の家族は強制的に自宅から追い出され、ミニドカ移住センターに収監されました。

「彼らは1942年から1945年まで投獄されました」とMartinは言いました。 彼らはとても感動的で、私は彼らがとても美しいと思います」

野村がついに解放された時、彼らは帰る場所がなかった。 家も事業もすべて消えた。

マーティンは「家庭に悲劇があり、妻が自分で命を落とした。その後約2年間絵をやめた。そして、完全に抽象化にスタイルを変えた」と話した。

現代的で複雑な作品は、3番目の部屋に展示されています。 抽象的なスタイルは野村の人生の最後の10年にわたって広がるでしょう。

彼の無数の才能にもかかわらず、野村の名前は無名になった。

Martinは「この地域を地図に表示し、忘れられた多くの人々は女性と少数民族の芸術家でした」と語った。 「野村さんは1933年、現代美術館で展示しました。それはシアトル出身の誰かに大きなことでした」

マーティンは、展覧会と野村の生活についての本がアーティストに彼の分け前を提供し、訪問するすべての人にインスピレーションを与えるのに役立つことを願っています。

マーティンは「人々がこれから奪っていくことは何でも可能であるということです。忍耐であり、誰かの精神であり、本当にあきらめることはできません」と述べました。

Kenjiro Nomura、アメリカのモダニスト:イッセイアーティストの旅 2022年2月まで行われます。

READ  Babyteeth | 映画レビュー| メトロポリスマガジンジャパン

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close