経済

取締役がおしゃぶりを取引するにつれ、東芝の緊張が公開論争に噴出

東京、6月6日(ロイター) – 日本東芝(6502.T)の社外取締役2人がガバナンスとヘッジファンド経営陣を大企業理事会に指名することに対する批判を投げつけ、月曜日に理事会緊張が公然と行われた。

亀裂は、経営陣と株主がかつて日本の大切な資産の一つであった会社の未来について議論する長期危機の最新の事例です。 年次総会を控え、取締役会に対する投資家の信頼を弱めることができます。

社外取締役は、月曜日の同僚Raymond Zageが3月に取締役会の立場に違反したとき、東芝の支配構造に関する懸念を提起した。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Watahikiの言及は、月曜日に発表された年次ビジネスレポートで最初に書かれており、他の社外取締役であるKatsunori Hashimotoも繰り返しました。

Zageの動きは、「取締役会に対する株主の信頼を損なうこと、企業支配構造への懸念を引き起こした」と報告されています。

ザゲは、ロイターのコミュニケーションに声明を通して自分の行動を守り、批判が誤解を招くように、彼の行動が株主から肯定的な反応を得たと述べた。

別の会社文書でも元高等裁判所判事だった渡彦が理事会が支持する二人の理事指名に反対したという事実が確認された。 金曜日にロイターが彼女が反対し、会社がまれに彼女の反対意見を公開すると報じた後に出たのです。 もっと読む

Zageはロイター通信に送った声明で「(それは、著者が著しい肯定的な株主フィードバックと理事会でこの問題について議論した内容を考慮しなかったことを示す不正確で不完全で誤解の所持がある」と述べた。 そして公開声明の後。

東芝はこの問題についてコメントを拒否した。

Zageはまた、Watahikiが正式に反対した米国の活動家ヘッジファンドのElliott ManagementとFarallon Capital Managementの2人の取締役候補を提案した指名委員会の議長です。

Zageは以前はFarallonの専務取締役であり、拷問のままです。

渡彦は月曜日の記者たちに、「パラロンにつながった二人の取締役がいるということは、取締役会が行動主義、特定の株主に偏ったように見せる」と述べた。

彼女はまた、Elliott、Farallonとの契約は、独立性と機密性を完全に確保しながら、利害の衝突を防ぐことができなかったと信じていると述べた。

2015年以降、会計および支配構造の危機に巻き込まれた東芝は、活動的な株主基盤と協力し、一部は非公開を望んでいる。

東芝は先週、会社を非公開に切り替えるための8つの初期提案と上場を残す資本同盟に対する2つの提案を受けたと明らかにした。 もっと読む

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

山崎真希子の報告 Edmund Klamann、David Dolan、Emelia Sithole-Matarise、Jane Merriman 編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  みずほFG証券部門今期経常利益1300億円と過去最高に - 環境追い風 - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close