エンターテインメント

古い日本ホラー映画の割れたガイド

また、注目すべきことは1937年です。 福州スルシガイ (「死体の復讐」)。 福州 の実話を元にする。 日本発明家 平ヶ源内 殺害された侍が平家によって電気的に復活し、殺人者を追跡し、暴力的に虐殺する物語を聞きます。

実生活では、平賀(1729-1780)は詩人であり医師であり、ルネサンス人でした。 彼の創造物の一つは エレキテル、静電気発生器。 彼はある謎の中で刑務所で死んだ。 与えられた理由の1つは、彼が電気実験で学生を殺したことです。 福州スルシガイ 実生活の狂った科学者が1937年にもまだ日本の観客に持っていた文化的責任を映画にして活用します。 エレキテル 実際に動作し、血の混乱とゾンビサムライスリルにつながります。

最後に1949年 えのけんのとびすけ ぼけんりょうこ (「Enoken:Tobisukeの野生旅行」)。 コミックファンタジー映画、 えのけんのとびすけ ぼけんりょうこ は、タランチュラ、ダイエットデビル、その他の超自然的な捕食者がいっぱいの死の谷を旅したい人形と小さな男の子についてです。 きっと子ども用に作られていますが、 えのけんのとびすけ ぼけんりょうこの怖いシーンは、はるかに大人の映画から移植されたようです。

Paw Patrol そうではありませんでした。

レインボーマンと怪獣戦ゴジラ

1949年 ニージオートコ (「レインボーマン」)が発売されました。 一部は殺人ミステリー、一部は幻想的な夢の旅と悪夢、 ニージオートコ 防火と殺人を犯したという疑いを受ける青年に対する話だ。 彼の学校の友人と彼女のボーイフレンドは、彼の無実を証明することによって男を助けるために努力します。 彼らの調査は彼らを謎し、孤独なマヤの家に導きます。 しかし、そこに住んでいるマヤ家族(狂った画家、「猫の女性」、スペクトラムライターを研究する精神的な男)は、被告のアリバイを証明する探求を助けるために何もせず、すぐに人々は虹色の餌になり始めるします。 彼らは死ぬまで「虹」を繰り返し暗唱させる幻覚。

ニージ・オトコの効果は戦争前に戦争宣伝映画のためのミニチュア制作に採用され、引き続きGodzillaを共同制作し、Ultramanシリーズを製作するEiji Tsurubayaによって作られました。

そして怪獣といえば1949年 うみまりくウォーク (「海の怪物が土地に届く」)は、島に這い、様々な悪い生き物と戦う巨大なタコに関するものでした。 うみ 今日は忘れられ、Google 検索で 0 視聴回数を獲得しましたが、5 年前にデビューしました。 ゴジラ そして行かない道を表します。 うみ 日本スタジオシステムから抜け出すことができ、 うみ それ自体が(成功であれば)模倣者にインスピレーションを与え始めたかもしれません。 怪獣 5年早く熱風。 しかし、そのようなことは意図されていません。

READ  Randy Bachmanの貴重なGretschギターは45年前に盗まれました。 インターネット探偵がロックスターにそれを見つけるように助けた。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close