理科

古代の火山は月に水貯蔵庫を作ったかもしれません

20億年から40億年前の間に、月は火山のホットスポットでした。 数万の火山が表面から噴出し、月の表面を横切って数十万平方マイルの溶岩を放出した。

この活動は、現代のハワイの特徴と似ていますが、はるかに大きな規模の巨大な川と溶岩湖を生成しました。

コロラド州ボルダー大学の天体物理学および惑星科学と大気および宇宙物理学研究所の助教授であるポール・ヘイン(Paul Hayne)は声明を通じて「地球のほぼすべての噴出を歪ませる」と述べた。

今月の火山が爆発したとき、一酸化炭素と水蒸気からなる巨大な雲を放出した可能性もあります。 この雲は周りを移動し、薄くて一時的な雰囲気を作ることができました。

しかし、水蒸気が月面に沈み、今日の月極のクレーターに存在している可能性のある氷の層を形成した可能性があります。 この氷床は、数十から数百フィートの厚さであり得る。

CUボルダー大気および宇宙物理学研究所の天体物理学および惑星科学博士課程の学生であるアンドリュー・ウィルコスキは、「時間が経つにつれて形成された月の霜で見ることができる」と述べた。

この記述は、数十億年前に月面に形成される霜がどのように見えるかを示しています。

このことが起こったときに人間が地球に住んでいたら、月面の夜と日中の境界で霜の影が見えたと研究者たちは言った。

NASA Artemisミッションが2000年代後半に初めて人間を月に戻し、月南極に着陸する準備をするにつれて、その氷は飲料水を提供し、ロケット燃料の資源として機能できるとHayneは言いました。

「表面の下の5〜10メートル(16〜33フィート)に大きな氷のプレートがあるかもしれません。」と彼は言いました。

過去の研究は、月が以前に信じていたよりも多くの水を含むことができるという考えを裏付けてきました。 Hayneと彼の同僚 2020年の研究 月の北極と南極のほぼ6,000平方マイル(15,540平方キロメートル)に氷が残ることができるということです。
この研究は、その年のNASAの発表に含まれています。 月に水を発見する
NASAミッション、太陽に照らされた月面で水を発見

科学者たちは水がどこから始まったのかを調べるために努力してきました。 彼らは、水蒸気の雲が月の表面に霜のように形成され、寒い夜に地球に形成される方法に似ていると想像しました。

WilcoskiとHayneは、CU Boulderの大気および宇宙物理学研究所の研究者であるMargaret Landisと協力して、数十億年前の月の姿をモデル化しました。

科学者たちは、シュレーター渓谷(シュレーター渓谷とも呼ばれる)が月面の火山爆発によって放出された溶岩によって作られたと思います。

当時、月は約22,000年ごとに火山爆発を経験していました。 研究チームは、噴出中に放出された水蒸気の41%が月面に氷を形成する可能性があると計算した。

研究によると、これは約18兆ポンド(8.2兆キログラム)の火山水(現在のミシガン湖水位よりも多い水)が月の氷に変わるということです。 厚い極地の万年説は、地球で一度でも見ることができたでしょう。

Wilcoskiは、「大気は約1,000年にわたって脱出したため、氷が形成されるのに十分な時間があった」と述べました。

その氷の大部分は今日でもまだ月に存在する可能性がありますが、月の表土またはほこりの数フィートの下に埋もれている可能性が高いです。

Wilcoskiは「本当にドリルダウンして見つけなければなりません」と言いました。

READ  宇宙で高速伝播爆発を繰り返すのは不思議です。 これは奇妙です。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close