理科

古代火星の豊富な水、地下氷河が地熱に溶け生じた可能性| sorae宇宙のポータルサイト

火星の全景。 1970年代にバイキング軌道スによって撮影された100個以上の画像から作られている。 (Credit:NASA)

ラトガース大学のぜンドラ・ジャ准教授などで構成された研究チームは、12月2日、古代火星に存在したと考えられて豊かな液体の水は、厚い氷床が地熱によって分解された作られた地下水によって供給された可能性があると発表した。その観点からの研究者は、古代火星で生命の生存に最も適した場所は、その表面から地下3〜5km程度まで到達すると思います。

41億〜37億年前に古代火星は、その表面に豊富な液体の水が存在した考えられています。 水の流れによって作られたものと見られる地形(河床、湖底デルタなど)および水作用によって作られたミネラルなどが多く発見されているからです。

しかし、その一方で、当時の太陽の明るさは、現在より30%程度低かったと思います。

したがって、これをもとに作られた気象モデルと地質学的証拠に基づいて可能な気候が一致せず、多くの研究者の悩みました。

このギャップを埋めるための研究チームが注目したのが「地熱」です。 火星と地球、金星のような岩石惑星は、内部の岩石に含まれているウラン、トリウムなどの放射性物質が自然崩壊熱が発生します。

だから研究チームはまず、理論的なモデルを構築し、涼しく乾燥した火星の厚い氷床の融解に必要な地下から地上に放出される地熱の量を推定した。 そしてまた、これまで蓄積されてきた様々な火星のデータに基づいて検証した結果41億〜37億年前の古代の火星では、厚い氷床の氷が地熱によって溶解したことがある条件が全火星規模で備えていると思われるが分かりました。

地球は南極、カナダの北極、グリーンランドなどの厚い氷床の下に地熱によって作られた湖が多く発見されており、生命の存在も確認されています。 研究チームは、もし古代火星に生命が誕生しているが、同じ場所に逃げて、現在も生きているかもしれないと考えています。

多分火星の地下には、気候変動の暴走命が今も生きているかもしれませんね。

画像クレジット:NASA / ESA / DLR / FU Berlin、CC BY-SA 3.0 IGO。 Lujendra Ojhaの3Dレンダリングと彩色
出典:
ラトガース大学/
文/飯銅茂幸

READ  SpaceXの第四高高度船打ち上げ日程が月曜日に変更されました。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close