理科

古代熊の頭蓋骨のDNAサンプルは、祖先が日本に移住した方法への洞察を提供しています

32,500年前の古代熊の頭蓋骨から抽出されたDNAサンプルは、氷河期のクマがどのように本州に移住し、現在の東京の近くに生きて、最終的に絶滅したのかについての洞察を提供しています。

今日の日本固有のクマは、東アジア最北端の島、北海道に生息するヒグマ(Ursus arctos)だけです。 以前の研究 このクマの祖先は、北海道の北の島サハリンで来た可能性が高く、現在は、ロシアの一部であることを示している。 現代の多くの島々を接続する歩道橋は、この古代のクマが最新世代(260万年前ので11,700年前)の他の地域からの北海道島を渡る道を提供したことがあります。

今、新しい研究では、京都と東京が配置日本の本島である本州全域でヒグマの遺骨が複数発見された後、出てきたのです。 340,000年から20,000年の間の化石は、現在、日本最北端の島だけあるヒグマがどのように南の本州にもう少し到達したかについての疑問を提起します。 抽出されたDNAサンプルをベースにしたヒグマの血統の可能な説明は、レポートに記載されています。 “古代DNAは絶滅した日本のヒグマ血統の複数の起源と移動波を示しています“、Royal Society Open Science誌8月4日掲載。

(写真:写真クレジットはTORU YAMANAKA / AFP(Getty Images)を読み込むこと)
人々が2011年12月25日、東京上野動物園の私たちの北海道ヒグマを見ています。 多くの人々が、今年最後の日曜日に動物園を発見した。

また読む:ヒグマは、より多くの木に背をこする交配に多くの成功です。

日本の古代ヒグマの驚くべき発見

今回の研究の主著者である山西大学生命科学研究所センターのシニア助教授であるTakahiro Segawaは次のように言いました。 ライブサイエンス 日本で最新世代のヒグマの遺骨は10未満で不完全な標本が10個未満の「不足」します。

東京の北西に位置する群馬県の洞窟で回収されたサンプルの1つは、よく保存されたヒグマの頭骨を含んでおり二つの岩が残っています。 内耳。

さらに重要なのは、このような石油が頭蓋骨内DNAサンプルが分解されることを防止するのに役立ちたということです。 2015年の発掘報告書で、PLOS Oneに登場。 この知識に基づいて新たな研究の研究者は、DNAサンプルの追加分析のために、古代ヒグマの頭蓋骨から少量の粉石油を収集しました。

複数の起源は、ヒグマ血統の移行の波公開

回収されたDNAサンプルの年代を測定した結果、研究者は、この化石が32,700〜32,200年前のものと推定されるが、これはペトロ歳遺伝配列を、他のヒグマのほぼ完全な配列の95個の比較したものです。 ここでは、北海道のヒグマの血統が含まれます。

研究者は、彼らがテストした古代熊の頭蓋骨がより一般的な姉妹血統である南部北海道ヒグマ系統から分かれ、以前に知られていない血統に属することを発見しました。 二ヒグマ血統の間のこのような分岐は、約160,000年前に発生したと推定され、この線は、現在、北海道と本州を分ける津軽海峡を渡っています。

クロクマをめぐる新たな理論はまた、他の大規模哺乳類、特にナウマン象(Palaeoloxodon naumanni)と巨大な鹿(Sinomegaceros yabei)の両方が少し後の約140,000年前に海が報告されたように、レベルが著しく低かった。 Paleoeanography and Paleoclimatologyジャーナルの2005年の研究で

関連記事:新しい細菌の研究は、シベリアからアメリカへの初期の人類の移住を追跡します

サイエンス・タイムズで、日本の多くのニュースや情報を確認してください。

READ  SpaceX Crew-1使命は、宇宙船の寿命記録を更新しました。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close