トップニュース

古川電機のドライブレコーダーは、日本のインフラ開発に貢献しています。

日本企業は技術革新に大きなストレスを与えています。 近年、古川エレクトリックカンパニーはドライブレコーダーの位置情報やビデオを使ってインフラ開発に貢献する独自のサービスを開発しました。

1950年から1970年まで、日本の交通システムと道路の各種施設が建設され、経済的に高度な成長を遂げました。 約50年前頃に老朽化して事故や崩壊の可能性があるものもあります。

Furukawa Electricは、自治体や道路状態管理者向けの老化検知システムを提供しています。 この「Michi-Ten」サービスは、独自のデジタルトランスフォーメーション技術を使用しながら、道路沿いの機器のメンテナンスサイクルの効率を向上させます。

路側機器検査チャートは、元のロボットプロセス自動化システムを使用して、ビデオ内の機器の種類と位置を識別します。 そして、機器のデジタルデータベースで正式なチェックチャートを生成します。

「ドライブレコーダーで取得した映像と緯度、経度情報に基づいて、道路腐食の種類、損傷状態、位置情報、地図など様々な情報が一つの情報にパッケージされています。また、システムサポートにより、10,000~20,000 個のデータを確実に構成できます。 Akira Tachibanaの公式、古川電機は、老化材料に関する詳細情報を検査官が提供しています。 取得した情報はデータで管理されます。

古川電気三菱深川社関係者は「タブレットに既存のデータを記録しておいたため、現在のデータと比べると老朽化の程度が分かる」と話した。 また、キャプチャされた画像を自動的に並べ替えて、スキャンチャートの編集を簡素化します。

三天のデジタルマネジメント交通状況は、道路状況を管理する地方自治体や省庁に注目されています。 (アニメ)

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートされたフィードから自動的に生成されます。)

READ  ミャンマーの政治犯尋問尋問日本ジャーナリスト

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close