スポーツ

古橋京郷、ケルト10号ゴール、ハイバニアン戦勝利

サムライブルーのフォワードフルハシ京郷は、水曜日のスコットランドプレミアリーグで、ハイバニオンに対して3-1の勝利を収めたケルトの目標でした。

彼のチームが2-0に先んじると、Furuhashiはセルティックの圧倒的な前半戦で得点を終えた。

エディンバラ・イースターロードグラウンドで30分得点した古橋が去る7月、Jリーグ・ビッセル神戸からセルティックに移籍した後、すべての大会で10回目のゴールだった。

この勝利により、Ange Postecoglouの部下は​​テーブルで2位に上がり、これは最高のライバルであるレンジャーズよりも勝点2点遅れ、オーストラリア監督から高いスコアを受けました。

元横浜Fマリノス監督は「前半戦は素晴らしかったし、おそらく私たちが一年中プレーしたサッカーの中で最高のサッカーだっただろう」と話した。

ヨーロッパの他の場所では、南野拓美がイングランドフットボールリーグカップ4ラウンドで、プレストンに対して2-0の勝利を収めたリバプールのゴールを決めました。

日本の攻撃者は、プレストンのディープデールスタジアムから62分伸びた橋でホームにバリしてカップ大会連続得点行進を続けた。

日本の主張マヤ吉田はイタリア・セリエAでアタランタに3-1で敗れたサンプドリアのセンターバックで選抜出場し、ジェノヴァのスタジオ・ルイジ・フェラーリスでフルタイム90分を消化した。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  冬季オリンピック株式時計: 増加するカナダのスケーター

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close