理科

台湾、出生率の低下に「超高齢者」の地位に突進

Wu En-tzuは産婦人科医として働く2,000人以上の赤ちゃんを出産したが、自分の子供が欲しい願望がありません。 台湾の家庭でますます一般的な位置を占めています。

12年前に結婚した以来へ彼女の外科医の夫は、子供に関しては、同じことを考えています。

彼女は台北の高級クリニックの彼女のオフィスで「子供を持つべき唯一の理由を見つけることができません。 「私だけではありません。 今では多くの若者たちは、「なぜ結婚して赤ちゃんを生まなければならか? 私は必ず伝統的な家族の価値をに従う必要がありません。 ‘ “

台湾のように人口統計学的変化を経験したのは、ほとんどありません。

1951年に平均的な台湾の女性は7人の子供を出産した。 今その数値は1次のです。

昨年島は、出生よりも多くの死者を記録した。 これは、台湾の人口が初めて正式に契約を結んだことを知らせる流域の瞬間です。

今年第1四半期の死者は出生数を47,626人から34,917人に前になります。

東アジア全域でますます身近な話です。 日本は2007年の人口減少のマイルストーンを達成しながら、道をリードしました。

台北市立と誤送小学校の校長リンずぅ(Lin Ming-ju)は、1987年に台北学校競技場で学生を撮影した写真を展示している。 | AFP-JIJI

韓国、香港、台湾も昨年に加入した。

今月初めに発表された政府の国勢調査データによると、中国の人口は数十年ぶりに最も遅い速度で増加しています。

アジアの大部分は、人口の複製に必要な平均2.1人の子供を供給する家族がほとんどない、今後の労働の危機に直面しています。

数百万人が自分の立場を埋めるに十分な若い世代や移民なく定年が近づいています。

可能性があり、台北のと誤送小学校は、これらの急激な減少を示しています。

Lin Ming-ju校長によると、1966年に11,000人以上の学生が、世界で最も人口の多い学校に呼ばれた。

当時158個のクラスには80人の学生が交互に教室を利用して、トイレに行き、さらに学校をやめるべきでした。

「過去には、学校の競技場を通過することがドッジボールをすると同じだったが今の学生は必要に応じて、ジャンプして走ることができます。」とLinは言いました。

現在人数は500人であり、各クラスのは、25人の学生がいます。 約40%は、一人っ子家庭でくるLinは言いました。

台湾出生率の減少は、年を取って結婚したり、家族の数が少なかったり、独身で過ごすために、若い人、特に女性の選択が増加していることを反映します。

37歳の呉博士は「女性の自覚の増加が重要な理由です。

「多くの女性が、現在修士または博士号を持っており、過去のように男性に依存する必要がありません。 彼らは自分のキャリアを高めることができます。」と彼女は付け加えました。

台北の交差点。 1951年に平均的な台湾の女性が7人の子供を生んだ。現在は1人未満です。 | AFP-JIJI
台北の交差点。 1951年に平均的な台湾の女性が7人の子供を生んだ。現在は1人未満です。 | AFP-JIJI

公務員Pauline Fu(38歳)は、彼女の家族が3台で7人の子供の0人に成長したと言いました。

台南南部に住んでいる解く11歳の夫と一緒に子供のいない「より自由なライフスタイル」を好むと述べた。

「私たちの友人は、多くの場合、養育の心配と難しさについて不平を言うので、私たち二人だけの生活は十分であると感じています」と彼女は言いました。

少子化のもう一つの原因は、生活費です。 前世紀の台湾の工業化は、この島を地域経済大国に変貌しました。

しかし、過去10年の間に、毎日の支出が増加するにつれて、賃金は停滞しました。

台北Soochow大学の社会学者Hung Hui-fenは、初期妊娠可能年齢の若い夫婦が低賃金で長時間働き、家族を先送りしたり、放棄しなければなら「時間と経済的貧困」に苦しんでいると言います。

香港科学技術大学の人口学者スチュワートジテル – バースターンによると、台湾、日本、韓国などの地域の女性たちも「非常に高い機会費用」に直面しています。

「女性のキャリアへの影響は明らかであり、特に面倒の負担が、一般的に共有されないからです。」

東アジアの家父長的文化では、女性は、正規職があっても子供、親と姑の一次的な保護者として残っています。

当局は、育児手当の税控除のと不妊治療に至るまでのインセンティブを高めています。

しかし、活動家たちは、性の不平等はまだ解決されておらず、解決しなければならないと言います。

女性の人権団体覚醒財団の親ユルン事務総長は「社会で性差別がフンハギため、多くの女性が子供を持たないことが合理的な選択となっている」と述べた。

急激な変化がない限り、台湾は2025年までに65歳以上の市民5人に1人が「超高齢化社会」になると予想されます。

社会学者Hungは、「今後10年間、毎年大学がドアを閉めることです。

「台湾はすでに人口減少を戻す時点を過ぎたことです。 今、私たちができることは、少子化の原因を解決して傷つけるを緩和することです。」と付け加えました。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  世界は1900万年前にサメ破滅を見た私たちは、その理由を知りません

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close