台湾、日本の最先端N700S新幹線列車を購入

Estimated read time 1 min read
読売新聞ファイル写真
JR東海のN700S新幹線新幹線

台北 – 台湾の新幹線高速列車サービス運営者は、セントラルジャパン鉄道(JR東海)からそれぞれ12両で構成されたN700S新幹線12台を購入する予定です。

台湾高速鉄道公社(THSR)は水曜日、日本会社と1,240億円規模の近い将来契約を締結することを確認しました。 Hitachi, Ltd.とToshiba Corp.のコンソーシアムが提案したこの取引は、価格やその他の問題に対する長期交渉の末に妥結したことが知られています。

THSRは当初の乗客増加を予想し、2019年から新車を購入する計画だった。 しかし、日本のコンソーシアムが提示した数値に対する懸念により、購買過程が躊躇した。

報告された主な障害の1つは、要求された価格が日本での同等の取引の価格よりも高いことです。 これは明らかに台湾の鉄道システムの仕様に合うように列車を修正するコストに落ちた。

しかし、交渉後、THSRは改造関連の費用および購入価格に寄与するその他の要因を受け入れた。 会社側は「安全、技術、運営、価格など様々な要素を考慮して決定した」と話した。

2007年、THSRは日本の新幹線システムを採用した最初の海外企業となりました。 THSRは現在東海道新幹線やその他の路線で使用されている700系をベースに700T列車を運行しています。

READ  投資目標を実現するための経営環境改善:日本首相、モディ首相を促す
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours