台湾、日本九州に海外科学団地を検討

1 min read

5月30日(CNA)台湾は、日本の九州に海外科学団地を設立することを検討しており、台湾サプライチェーン企業が台湾半導体製造会社(TSMC)と現地顧客の両方にサービスを提供できるように支援すると信任経済部長官が木曜日は言った。

JW Kuo(郭智輝)経済部長官は、木曜日のマスコミを通じて自身の主な政策方向の2つを説明しながら、将来の海外科学技術団地が設立され、国際企業を台湾に誘致し、「世界が台湾に移されるだろう」と言いました。 台湾、特にサービス部門に従事する人々。

最近就任したKuoは、海外科学団地の設立計画を詳しく説明しながら、台湾企業は海外事業に対する幅広い経験を持っていますが、政府も独自の進路を計画しなければならないと指摘しました。

「この目標は、台湾の中小企業が海外に進出し、政府が提供するワンストップサービスを通じて行政業務を支援することを支援することだ」と語った。

「これらのサプライチェーン会社は、海外に工場を設立した主要な台湾企業のための商品を生産するだけでなく、新しい現地の顧客を見つけることもできます」と彼は付け加えました。

彼は日本の九州熊本にあるTSMCのファブ2か所を例に挙げた。 彼は、TSMCのサプライヤーが日本にもあれば、現地の日本半導体企業にサービスを提供できると説明した。

クオは、日本の公園は、日本企業がそこに進出することを歓迎すると述べた。

彼が構想した公園は、日本の管理が熊本工業団地のために提案した50ヘクタールよりはるかに大きいと彼は付け加えた。

彼は最近の報告書で、木村高志熊本知事が新州に似た科学団地を造成するため、県内産業用紙50ヘクタールを計画していると述べたことに言及した。

長官は「科学団地なのか技術団地なのかなど、詳細は依然として国家科学技術委員会、国家発展協議会と議論が必要だ」と話した。

彼は最近、多くの台湾情報通信技術(ICT)企業が新しい工場を設立しているメキシコも可能な目的地だと述べた。 米国は人的資源の問題のため、あまり望ましい選択ではないと付け加えた。

Kuoは、台湾で外国企業を引き付けることについて台湾のサービス部門にもたらすことができる利点に焦点を当てました。

食品からエンターテイメントまで世界的に有名なレストランや消費財ブランドを台湾に招待し、日本、韓国、フィリピン、ベトナムなど飛行機で3時間の距離にある国に市場を拡大し、国内消費市場を拡大することができる。 「と彼は言った。

大臣は、ファッションやICT製品を含む国際的なショーと展示会が台湾のグルメ、観光、美容医学と共に広報されると述べた。

(アリソン・シャオ地音)

最終項目/kb

READ  DNAは肝臓中に着実に移動し、細胞に強力なハウスキーピングシステムを提供します。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours