世界

台湾、習近平高位級出会いで中国戦闘機撃退のために戦闘機出動

中国人と主張する台湾は、しばしば台湾が統制するプラタス諸島に近い防空識別区域(ADIZ)の南西部地域である民主的に統治する島の近くで、中国空軍が繰り返し任務を遂行することについて1年以上不満を吐露しました。

台湾は中国の近隣の軍事活動を「灰色帯」戦と呼び、台湾軍を疲れさせ、台湾の対応を試すために繰り返し出動しました。

中国が国境日である10月1日から4日間、台湾は次のように語った。 ほぼ150台のPLA軍用機がADIZに入った。、領空ではなく、台湾がすべての脅威に対応できるより多くの時間を与えるために監視およびパトロールするより広い地域です。

最新の中国任務には、18機の戦闘機と5機の核可能H-6爆撃機、そして異例的にY-20空中給油機が含まれたと台湾部が明らかにした。

国防部が提供した地図によると、爆撃機と6人の戦闘機は台湾南に飛んでフィリピンと島を分離する橋海峡に入り、太平洋に出て中国に戻った。

この航空機には給油機が付属しており、中国が機内で短距離戦闘機に燃料を普及したことを示唆しています。

台湾は中国航空機に警告するために戦闘機を送り、ミサイルシステムを配置して監視したと国防部は伝えた。

過去にそのような動きが国家の主権を保護するための訓練だと言った中国の即時のコメントはなかった。

しかし、中国官営媒体は習近平国家主席が3日間の会談を持って国家最高レベルの幹部らと人材養成を通じて軍隊をさらに強化する案を議論したと報道した。

市主席は演説で台湾に直接言及しなかったが、戦争で勝利するためには軍隊を近代化しなければならないと強調した。

官営神話通信は市錫を引用して「科学的・技術的素養を強化し、現代戦で勝利できる実際の能力を向上させるために多くの努力を傾ける必要がある」と話した。

「実践を強化し、将兵たちに風と雨を体験し、世界を見て筋肉と骨を丈夫にし、不軍事で才能を啓発するように励まして指導しなければなりません。」

READ  PompeoはBiden管理者が休戦強化を目指し、イスラエル旅行を計画します。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close