技術

台湾が開発したコロナ19迅速診断システム日本から受注

台北、2月23日(CNA)産業技術研究所(ITRI)がCOVID-19ウイルスを検出する正確で効率的な方法を提供するために開発したiPMx分子迅速検査システムが日本産業部から初の海外注文を受けました。 経済部(MOEA)は水曜日に明らかにした。

100個のキットと10,000個の試薬の注文はJapan Biotechno Pharmaから来ており、日本当局の承認を得て日本で販売が承認され、すぐに効力が発生します。

MOEA産業技術部局長チウ・チュウイ(邱求慧)は記者会見で「中小型病院と診療所、主要病院の手術室および緊急室での使用が含まれる」と述べた。

関連技術は、外国のパートナーとの協力の機会を模索するためのITRIの努力の一環として、商業生産のためにカリフォルニアに基づいたBizLink Holding Inc.に移転されたと彼は言いました。

小型キャニスターの重量は600gに過ぎず、従来の試験装置より57倍軽量です。 ITRIによると、携帯が簡単で1時間以内の精度が95.8%で、既存のPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)検査時間の4分の1レベルだ。

記者会見の後、記者の質問で、Chiouは、iPMx Molecular Rapid Test Systemが日本の市場需要を満たし、日本の地元の病院や診療所での使用に適した「リムーバブルラボ」のようなものだと述べた。

次のステップは東南アジア、ヨーロッパ、アメリカ市場を攻略することであり、関連国と協議が進行中である。

Chiouは、季節性インフルエンザとCOVID-19の流行を引き起こすウイルスに同時に対処するために、第2世代iPMx分子迅速検査システムが開発されていると付け加えました。

READ  トヨタは今年の流行販売に戻ってくることを期待する

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close