スポーツ

台湾のテ・ジャヨン、4番目の台北オープン女子シングルス優勝

台北、7月24日(CNA)台湾の女子バドミントンランキング1位、戴資穎が台北オープンで世界ランキング35位の日本の川上サエナを21-17、21-16に破って4回目の絶食優勝を占めた。 日曜日。

決勝戦は37分間行われました。 台北ハッピングバスケットボール体育館で開催された大会の中で、世界2位のタイの最長試合でした。

Taiが両方のゲームが初めにリードしたにもかかわらず、Kawakamiは最初のゲームで2回同点を記録し、2番目のゲームではTaiにわずか1点しかありませんでした。

日本選手たちはいつも着実に遊び、素早く動きます。 台は試合後に語った。 彼女は決勝戦で不要なミスを最小限に抑える必要があると自らに思い出しました。

タイは2012年、2016年、2018年ホームトーナメントで優勝した後、台北オープンで4つの女子シングルスタイトルを獲得した3番目の女子選手となりました。

「10年が経ちました。それは私がかなり長い間プレーしてきましたが、まだ(より多くのタイトルを獲得するために)努力することを意味します」と彼女は言いました。

タイは5月タイオープ​​ンと6月インドネシアオープンに続き、今シーズン3度目の優勝でもある。

2020年の東京オリンピックの銀メダリストであるTaiは、次に8月21日から28日まで日本で開催される世界選手権大会に出場すると述べた。

タイは来年、台北オープンで自分のタイトルを守ることができるかという質問に「今年のトーナメントを終えて来年に会おう」と話した。

2022年台北オープンは総賞金がUS$500,000(NT$1495のみ)のSuper 300イベントです。 2020年と2021年にはコロナ19のために開かれませんでした。

今回の大会39回大会中、台北オープンで4回優勝した他の女子選手はデンマークのカスティン・ラーソンと韓国のソン・ジヒョンだ。

READ  日本のオキソアルコール市場は2031年までかなりのシェアを予想しています。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close