経済

台湾の宇宙産業プロファイルを強化するための同盟

  • By Lin Chia-nan / 記者

昨日、国会議員は、世界宇宙経済における国家の役割を強固にするために、日本や他のアジア太平洋諸国との関係を深めるために環太平洋航空​​宇宙議会同盟を設立しました。

この連合の議長は、民主進歩党(DPP)のChung Chiapin(鍾佳濱)議員、Chu Hsien-chih(邱顯智)議員、Ann Kao台湾人民党議員(高虹安)が副議長を務めています。 中国国民党(KMT)議員は同盟に参加しません。

過去30年間、衛星と地上局を開発するための国家宇宙区(NSPO)と地域企業の努力は結実を結んでおり、6月宇宙開発法(恐らく公共法)の公布後、国家ロケット政局長は「国内宇宙産業発展のために近いうちに発射場を造成する予定だ」と話した。

写真:ロイシンダー、台北タイムズ

同盟は「同盟は、日本、韓国、ニュージーランドなどの先進宇宙技術を保有している国や、インドネシア、マレーシアなどの新興宇宙経済国との関係を発展させることを目指す」と話した。

彼は台湾がロケットを開発し、衛星開発者のための発射サービスを提供するために地理的利点と地元の製造の強みを活用しなければならないと付け加えた。

米国は数十年前に台湾が打ち上げロケットを開発することを望んでいなかったが、世界の宇宙産業がますます商業化し、傾向は「ある程度変わった」とChungは言った。

テレビ会議に出席したNSPOウジョンシン事務総長は、議員内閣制としての柔軟性を備えた同盟が、日本、インド、その他の国の相手と交流するためのより多くの機会を提供することを希望すると述べた。

彼は、地球の低軌道通信衛星が消費者エレクトロニクスのようになると予想されるため、地元企業は情報通信技術の強みに基づいてグローバル宇宙経済に参入する必要があると述べた。

台湾は政治的な理由で国際電気通信連合(ITU)に加入することはできないが、多くのことが議会交流を通じて行われるとアライアンス諮問弁護士である柯莉娟が語った。

たとえば、台湾製品をより多くの国に高価格で輸出できるように、航空宇宙材料とコンポーネントを検証するために国際的に認められた規格を確立することが重要であると彼女は言いました。

彼女は政府が単に「流行」として扱うのではなく、地域宇宙産業を支えるより完全な法的枠組みを設けることを促した。

過去には、NSPOを監督する科学技術部の任務だった宇宙技術振興と経済部が地域企業の産業進出に重みを積んで支援し始めたと経済部次官Tseng Wen-sheng(曾文生)が語った。

彼は「衛星を宇宙に発射する能力は、ある国の産業技術が融合されたものであるため、台湾は西太平洋地域で発射ロケット開発で主導的な役割を果たさなければならない」と話した。

この日の行事には、ティエン忠光(田中光)外交部次官をはじめ、中央大学、オデッセウススペース、ヘリオエキスコスモス、シモスセンサー(株)、清華テレコム、エポテック複合素材代表者も参加した。

コメントが確認されます。 記事に関連するコメントを維持します。 悪口とわいせつな言語、あらゆる種類の人身攻撃、宣伝などのコメントは削除され、ユーザーはブロックされます。 最終決定は台北タイムズの裁量に従います。

READ  スズキ、クーデター以降、ミャンマーの生産中止

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close