台湾のTouche Solutions、触覚技術で日本ロボット工学を活用

Estimated read time 1 min read

台湾の触覚技術スタートアップTouche Solutionsが日本のロボット安全市場に注目しています。

同社は、伝統的な産業用ロボットにコラボレーション機能を提供することを目指し、日本の主要ロボット会社から認められています。 KHI(川崎重工業)との以前の協力を超えてパートナーシップを拡大し、今ではデンソーをパートナーとして含めました。

今後、Touche Solutionsの触覚肌は、デンソーが新たに発売したコラボレーションロボットモデルに標準機能として統合され、デンソーが力を合わせて東南アジア地域の新興製造市場に参入することで、台湾検知産業にとって重要なマイルストーンを築きます.

歴史の手

6年前に設立されたTouche Solutionsは最近チームを拡大し、1月24日に新しいオフィススペースに移転を発表しました。 主なパートナーとしては、川崎重工業台湾の総括責任者である大野智氏と三菱の東洋川会長兼総括責任者がいる。 発表会には、Electric Taiwanが参加し、台湾と日本企業との協力の重要性を強調した。

Touche Solutionsの創設者であり、会長のCamus Suと総括管理者であるLiu Changheは、ITRI(産業技術研究所)出身で、以前は機械および光電子研究部門の管理職を務めました。 これらの協力により、2017年にTouche Solutionsが設立され、視覚および照明グリッドを超えて重要な安全対策として機能するロボットの緊急停止を実行する触覚検出技術を強調しました。

ツーシュの触覚肌、すなわち「T-Skin」はISO標準単位である10ニュートン(1kgf)をベースに開発されました。 1kgの外力に応じて緊急停止を行う装置で、作業者の安全を確保する上で重要なコンポーネントです。

Suは、T-Skinの応答時間が1ミリ秒以内でライトグリッド信号よりはるかに高速であることを強調しています。 Suは、電磁波や無線周波数干渉にも影響されないと付け加えました。

AI以外の異常値

AI関連のテーマを好む現在の市場動向にもかかわらず、触覚肌などの産業安全関連製品にはAIを含めることはできません。 Suは、安全緊急停止には直感的な反応が必要であると強調しています。 これは、信号遅延を避けるために計算を最小化することを意味します。

人口の高齢化により労働力が減少する将来の傾向に伴い、産業の自動化の実施は不可欠であり、安全は基本的な要件です。 Toucheの触覚安全スキンは、AI中心市場でAIではなくユニークな必需品として際立っています。

ロボット工学を先導する日本ではまだ商用化されていないことが知られているこの技術はTouche Solutionsを唯一のサプライヤーにします。 近年、同社は川崎重工業、三菱電機、デンソーなどの大手企業を含む日本の挑戦的なロボットサプライチェーンにうまく浸透してきました。

同社は20以上の触覚肌仕様を開発し、2023年末に東京国際ロボット展(iREX)で初めて選ばれた。 今回の展示会出演で日本現地ロボット企業の関心を集め、多数の日本ロボットメーカーから長期注文を確保した。 ロボットアームメーカー。

川崎重工業との協力は、2020年台北自動化展示会で発表されました。 それ以来、ToucheはDensoと提携し、新しいコラボレーションロボットモデルの標準機能になりました。

技術的課題

Suは、デンソーロボットの安全スキンの開発に2年かかったと述べた。 技術的な課題には、腕の表面に皮膚を設置するだけでなく、人間工学的、ITおよびセンサー開発の制約を遵守することも含まれます。

Toucheは、主要な市場拡大戦略としてOEMロボット製造サプライチェーンを活用することを目指しています。 当初、Fanuc、ABB、Yaskawa、KUKA、Mitsubishi Electric、Epsonなど、アフターマーケットのさまざまなロボット業界と協力し、追加機能を使用して既存のロボットの安全機能を強化しました。

OEM出力が標準となる前面市場では、フォーカスがデザインのモードに移行しました。 Touche SolutionsはKawasaki Heavy IndustriesおよびDensoと協力して、2024年に日本のロボット顧客を3~4個追加で拡大する計画です。

ロボット市場を見下ろすと、SuはTouche Solutionsが2024年に2023年の成長勢いを倍増し、東南アジア市場への参入に集中すると確信しています。 日本のOEMロボットメーカーの後に、Touche Solutionsはすでに台湾の主要電子製品製造サービス(EMS)およびプリント回路基板(PCB)会社が工場を設立しているタイとベトナムで高い需要を観察しています。 収益の成長。 ツーシュソリューションズは2024年にIPO計画を開始する予定だ。

READ  リアルタイムニュースアップデート:おもちゃの休日の需要が高まると予想され、Mattelの在庫が急増しています。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours