技術

台湾緊張の最前線付近の島楽園

日本の石垣 — 何十年もの間、金城テスヒロの最大の心配は、台風と略奪する昆虫からマンゴーの木を守ることでした。

それは、日本政府が台湾からわずか200マイル離れた小さな亜熱帯の島石垣にある彼の所有地の近くにミサイル発射台を配置することを決める前でした。

過去1年間、中国が台湾周辺でさらに露骨に軍事力を誇示し、日本は自国裏庭で超強大国紛争に巻き込まれる可能性についてますます懸念するようになりました。

石垣に登るミサイル設置は日本を保護するためのものです。 しかし、北京が台湾を侵攻している場合、理論的には対艦システムと対空システムが中国の艦隊を攻撃する可能性があります。 そうすれば、日本の守備隊が中国の誘惑的な目標になることができ、Kinjo氏の温室が危機にさらされる可能性があります。

66歳の金城さんは、広々とした家に座って「ここでずっと安全に暮らせるかな?

現時点では、中国が台湾との統一という長い目標を達成するために差し迫った行動をとると信じる人はほとんどいません。 それにもかかわらず、民主的に運営される島の運命をめぐって、日本の最大同盟国である北京とワシントンの間に緊張が高まり、世界3大経済大国のすべてを席巻できる軍事的対立のリスクが高まった。

日本南西部の孤島への大規模な軍事アップグレードパッケージの一部である石垣に対する長年にわたって計画されたミサイル砲台は、最近台湾に対する不和で加速された中国に対する日本の視覚変化を反映しています。

先日まで日本は領土紛争、第二次世界大戦の遺産、貿易問題で緊張が高まる状況でも、中国を主に経済的機会と考えていました。 北京が国家安全保障に深刻な脅威になるという考えは概して右翼の先入観だった。

しかし計算法が変わった。 政治的スペクトル全体にわたって、日本の政治家は現在、香港と新興地域における中国の人権侵害について懸念を表明しています。 彼らは世界のサプライチェーンにおける中国の支配力を心配しています。 そして彼らは台湾を脅かすだけでなく、尖閣(中国語でディアオイ(Diaoyu)として知られているが、日本が管理するが北京が領有権を主張する無人島)を侵食している軍事力の増加により安保問題を見ています。

杉子昌子九州大学助教授は「過去1年間、ファンデミックが独断的な中国民族主義を助長し、米国が中国との競争を深めながら日本社会に大きな認識変化があった」と話した。 日韓関係で。

Masuoは、「今起こっていることは、人々が最悪の状況に備えようとしているということです。戦争ではないかもしれませんが、長期的に中国が経済安定に影響を及ぼす可能性があるということです」と述べました。

日本の外交安全保障政策を研究する横浜素材神奈川大学の助教授であるコリー・ウォラス(Corey Wallace)は、日本が長い間文化的、経済的、安全保障の利害関係を共有してきた台湾問題で、政治的見解の変化が特に目立ったと述べた。

50年間日本の植民地だったこの島を擁護することは、長い間日本、特に左派の間で中国本土とのより良い政治的、経済的関係に対するタブーであり障害物とされてきました。 中国政府は台湾独立宣言を支持するいかなる暗示にも強く反対します。

しかし、北京が国内ではさらに抑圧的で、海外では独断的になり、台湾が日本で「民主主義価値と発展のより肯定的で建設的な表現」として認識が大きくなっており、独自の「合法的で分離された社会」があります。 言った。

日本は醸造危機意識を表明した。 国の年間防衛 白紙7月に発行された、台湾のセクションを初めて含め、中国と米軍の間の緊張が高まる可能性があり、地域の安定に深刻なリスクをもたらす可能性があると警告しました。

一部の日本政策立案者は、台湾を取り巻く紛争が中国に尖閣諸島や沖縄最南端の島を占める機会を提供できると懸念しています。 北京は現在列島に対して何の主張もしていないが、過去にはそうだったし、中国学界と国営メディアで主権問題を提起したことがある。

日本の防衛マッパは、中国の行動が地域を不安定にする可能性があると主張し、日本の平和主義憲法改正を長く推進してきて、より大胆になった。

今月初め、安倍晋三元首相は安保フォーラムで「台湾緊急事態は日本緊急事態」とし、日米同盟の問題だと述べた。 しかし、台湾を置いて紛争が発生した場合、日本が現行法に従ってどのような措置を取ることができるかは不明である。

日本は、憲法上の自衛権内で軍事的コントラストを改善するために努力しています。 管理者は彼らの準備がどの国を目指しているかを慎重に避けましたが、彼らはアメリカや他の同盟国と一緒に行われた軍事支出と軍事訓練の数を増やしました。

日本防衛省は急速に悪化している安全保障環境に対応し、今年の予算を大幅に増額することを要求した。 11月に行われた追加リクエストの資金は、石垣に新しいミサイル配置をすばやく準備するために使用されます。

最前線は石垣が属する琉球島の住民に親しみやすい場所です。

中国と日本は、かつて独立王国だった諸島の支配権をめぐって数世紀を過ごしました。 第二次世界大戦中に、これらの島々は太平洋地域で最も流血が寂しい歩兵戦闘に耐えました。 一旦米軍が到着したら去らなかった。 本島の沖縄には大規模な米軍基地があります。

石垣はSenkakusに近いので、長い間国家安全保障の資格を磨きたい日本の政治家の目的地となりました。 島には、尖閣を巡回するのにかなりの資源を投入する日本最大の海岸警備隊事務所があります。

しかし、ほとんどの日本人と同様に、石垣の人々は長い間中国を危険ではなく商業の源として考えてきました。 白い砂浜と虹色のサンゴ礁は、中国の買い物客でいっぱいのクルーズ船を引き付けました。 尖閣付近の対峙状況はほとんど漁業に脅威となりました。

島は長い間ミサイルの配置のために分裂してきたが、台湾紛争の可能性が大きくなり、実用的な恐怖が生じた。

ミサイル設置に反対する長浜信夫議員は米国との同盟のため「日本が台湾をめぐる葛藤に吸い込まれる可能性がある」と話した。

ミサイルかどうかにかかわらず、安倍首相がしたような発言は、中国が石垣を標的にする可能性を高めるだけだと信じています。 「潜在的に軍事用に使用できるインフラプロジェクトがたくさんあります。」

石垣の多くの人と同じように、中智清也は台湾とその故郷の競争心配のために苦しんでいます。

島は密接な関係があります。 何十年もの間、地元の人々は台湾に旅行し、サプライ品を確保するためにフェリーに乗ってきました。 Kiyuna氏の妻であるSachikoは、島のパイナップル缶詰業界を設立した台湾移民の娘です。

しかし、喜由奈さんは帝国の交差点で生きていく苦しみも経験しました。

第二次世界大戦後、沖縄に駐留した米軍は、木由奈さんの家族や何百人もの人々を財産から追い出しました。 多くの人々が日本当局が肥沃な「機会の土地」を約束した石垣に行きました。 代わりに、彼らはプラウにほとんど屈しない岩の多い火山土壌を持つマラリアジャングルを発見しました。

木也さんは、マンゴーに定住する前にサトウキビや野菜を植えるなど、様々な作物に手をつけました。

数十年後、80歳のキユナさんは農業から引退しました。 彼は石垣を約束された楽園に近いものと変貌させた古労働のお土産で、自分の野原で使ったツグクを保管します。

しかし、「戦争が起こったら、すべてが飛んでいくでしょう」と彼は言いました。

READ  Appleの専門家は、バッテリ寿命を延ばすためにiPhoneからこのアプリを1つ削除する必要があると言います。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close