世界

台風日本上陸で珍しい「特別警報」発令日本

台風の南馬が南西に上陸した。 日本 日曜日の夜、当局は何百万人もの人々に強力な嵐の強風と大雨から避難するよう促しました。

日本気象庁(JMA)によると、嵐は雪のすぐ外側の地域である雪壁が鹿児島近くに到着し、現地時間で午後7時(BST午前11時)頃に公式に上陸しました。

最大時速150マイルの突風を運転しており、南西九州地域の一部に24時間も満たされず、すでに最大500mmの雨が降りました。

地元の管理者は何人かがけがをしたと言った。 宮崎県南部の旧島市では、ある体育館で風が吹くため、ガラスの破片に女性が軽微な怪我をした。 国営テレビ放送のNHKは、自ら集計を引用して15人が負傷したと報道した。

九州の鹿児島と宮崎県の避難所で少なくとも20,000人が夜を過ごしました。 JMAは、数十年に一度現れる状況を予測したときにのみ発令される珍しい「特別アラーム」を発令しました。

地域当局の情報を収集する国営放送であるNHKは、700万人を超える人々が嵐を避けるために避難所に移動したり、頑丈な建物に避難するよう指示を受けたと伝えた。

避難警告は義務ではなく、当局は時々極端な天候が来る前に人々が避難所に移動するように説得するのに苦労しました。 彼らは週末を通して気象システムの懸念を家に帰ろうとしました。

岸田文夫首相は嵐に政府会議を招集した後、Twitterに「危険な場所から遠く離れていて、少しでも危険が感じられたら避難してください。

「夜に避難すると危険です。 まだ外が明るいときは安全な場所に移動してください。

JMAは、この地域が強風、嵐の津波、集中豪雨のために前例のない危険に直面する可能性があると警告し、この嵐を「非常に危険」と警告しました。

気象監視警報センターの加藤宏長は日曜日の記者たちに「嵐の影響を受けた地域は、以前経験したことのない種類の雨が降っている」と話した。

「特に地すべり警報が下された地域では、ある種の地すべりがすでに起きている可能性が非常に高いです」。

普段災害が発生しない地域でも最大限の注意を求めた。

日曜日の夜まで、ユーティリティ会社はこの地域のほぼ200,000世帯に停電があったと述べました。 嵐が通り過ぎるまで電車、フライト、フェリーがキャンセルされ、一部のコンビニエンスストア(一般的に24時間営業し、災害時のライフラインとみなされる)も閉鎖されました。

JMAは日曜日に「九州南部地域でこれまで経験したことのない激しい風と高い波、満潮が発生する可能性がある」とし「最大の注意を払わなければならない」と要請した。

現場で鹿児島泉市のある管理は、日曜日の午後まで状況が急激に悪化していると述べた。

「風が途方もなく去った。 雨も洗車している」とAFP通信に話した。 「外は完全に真っ白です。 可視性はほぼゼロです。

陸に近づくと、やや弱くなった嵐は、水曜日の朝に北東に向かって日本本土を一掃することが予想されます。

日本は今台風シーズンにあり、毎年20回のそのような嵐に直面しており、地すべりや突発洪水を誘発する大雨が日常的に発生します。 2019年にはラグビーワールドカップを開催した台風ハビスが日本を襲い、100人以上の命を奪われました。

1年前、台風ツバメは大阪関西空港を閉鎖し、14人が死亡した。 そして2018年には日本の年間梅雨時に日本西部で洪水と地すべりで200人以上が死亡しました。

科学者たちは、気候危機が嵐の深刻さを高め、爆炎、干ばつ、突発洪水などの極端な天候をより頻繁かつ強烈にしていると述べています。

READ  イスラム分離主義との戦いマクロンは「極右」や「植民地主義者」もない| この量| コラム

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close