トップニュース

台風9号九州北部で非常に強い風嵐と津波津波に厳重警戒を| 台風9号

大きく、非常に強い台風9号は、九州の北西海上を北に移動すぐに韓半島付近で進行される予定である。 台風に近い九州北部では、非常に強い風が吹いていて、嵐と津波津波に厳重な警戒が必要です。 台風の影響で西日本と東日本の太平洋側で断続的に大雨が降っていて、土砂災害や低い土地の浸水川の氾濫にも注意が必要です。

気象庁の発表によると、大型で非常に強い台風9号は、午前2時長崎県対馬市の北西70キロの海上を1時間に30キロの速さで北北東に進んでいると見ることができます。

中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径220キロ以内で風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風に近い九州北部では、非常に強い風が吹いていて、午前1時前後には、長崎県対馬市厳原から46.2メートル、福岡県朝倉市の33.4メートルの最大瞬間風速を観測しました。

湿った空気の影響で西日本と東日本の太平洋側は、発達した雨雲がかかり、局地的に大雨が降っています。

今後の見通しです。
台風はすぐに朝鮮半島付近に移動したが、九州北部の一部は3日朝にかけて暴風が吹く見込みだ。

予想される最大風速は
▽九州北部で35メートル
▽四国で23メートル
最大瞬間風速は
▽九州北部で50メートル
▽四国で35メートルに達する見込みです。

波も高く、
▽九州北部で11メートル
▽九州南部で9メートル猛烈な船が続くと予想されています。

四国と東海を中心に大雨に注意が必要であり、3日朝まで雷と一緒に時間50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、大雨になる恐れがあります。

3日夜遅くまで24時間に降る雨の量はすべて多くの場所で▽東海で250ミリ
▽四国で200ミリ
▽九州北部で100ミリと予想されています。

気象庁は、台風や津波津波に厳重に警戒するとともに、土砂災害や低い土地の浸水川氾濫に注意を促しています。

READ  「ドコモ口座」の被害合わせ約1000万円に補償協議 - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close