エンターテインメント

各国は超強大国として中国より米国を好むという世論調査の結果が出た。

9つの大国を対象とした新しい世論調査で、中国よりも米国が強大国になることを強く好むことが分かりました。

重要な理由: ユーラシアグループ財団(EGF) 投票 世界中の多くの人々が中国の怪我を心配して見ているという最新の兆候です。

分解: インド、ナイジェリア、ポーランド、ブラジルの大多数、エジプトとメキシコの多くは、過去20年間、その地域での米国の影響力が一般的に肯定的だったと思います。

  • 中国では62%が否定的だったと思います。

比較的新しい現象だ。 中国で。 EGFが2019年に初めてこのアンケートを実施したとき、中国の回答者の17%だけが米国に対して全体的に否定的な見解を持っていました。 3年後、45%がそうします。

  • 最近の世論調査によると、米国における中国の見解は依然として否定的である。 座席 そして ギャロップ
  • ワシントンは、世界中のどこでも北京よりも好まない。 EGFは、2021年にロシア人の3分の2が中国が世界強国になることを望んでいることを示しました。
  • 新しいEGF世論調査で9カ国のうち、米国を選択した最大の理由は「信頼できる経済パートナー」であり、中国を選択した最大の理由は「国家発展の良い例」だった。

EGFはまた、他の2つについて尋ねた。 アメリカの輸出:公衆文化と「民主主義の考え」。

  • ワシントンで開かれた1月6日、公聴会は米国民主主義の脆弱な状態を強調したが、ナイジェリア、インド、ポーランド、ブラジル、エジプトの大多数は米国民主主義を好意的に見て、彼らの統治システムが米国のようになることを望んでいます。
  • 中国でも32%が「米国の民主主義思想」を好意的に考えていますが、これは2019年の45%から減少した数値です。 一方、28%は中国政府がアメリカのようになりたいと考えています。
  • アメリカのソフトパワーは依然として強い。 エジプトを除くすべての国の大半は、アメリカの映画、音楽、テレビが国にプラスの影響を与えたと考えています。 これには中国も含まれる。

傾向: ドナルド・トランプ大統領が執権した後、ドイツ、日本、メキシコで米国に対する好感度が大きく高まった。

  • しかし、日本とドイツの回答者は、米国の影響力と同盟国との軍事協力に両立する傾向があります。 (日本の大半は二つの質問に対して「中立」です。)
  • 対照的に、ポーランド、インド、ナイジェリア、ブラジルの回答者は、米軍との協力に圧倒的に賛成した。
  • しかし、米国の最大軍事援助受益国であるエジプトでは、60%が米国との軍事協力を否定的に見ている。

アンケートでもっと見る:

  • すべての国の復讐は、米国がロシアのウクライナ侵攻をうまく処理したと信じています。 ただし、中国(対応が均等に分担される)と日本(過半数が「中立」である)が例外です。
  • 9カ国の回答者の52%が、米国がファンデミックによく対処したと考えるという点は、驚くべきことに、アメリカ人の場合、昨年のアンケート調査の41%から増加した数値です(中国とドイツの回答者が最も懐疑的)。
  • 米国政府システムに対する最大の懸念を尋ねる質問に9カ国で最も多く答えたのは、金持ちと貧しい人の所得格差でした。

全体の調査と方法論

READ  Rusney Castilloにどうしたの?

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close