吉岡労組、ジュニアグランプリファイナルで銅メダル獲得

1 min read
この記事はに初めて登場しました。 スポーツルックJAPAN Forwardのスポーツ専用ウェブサイト。

優勝2週間後 日本ジュニア選手権大会吉岡労組 で銅メダルを獲得し、トロフィーケースに別のメダルを追加しました。 ジュニアグランプリファイナル 12月10日土曜日、イタリアのトリノで。

19歳のこの選手はパラベラ・アリーナで開かれたフリースケートでショートプログラム以後4位に上がって授賞台に上がりました。

イタリアの ニコライ・メモラ 総点230.50点で金メダルを獲得し、 ルーカス・ブルサド 米国は220.43で銀メダルを獲得した。 3位 Yoshiokaのスコアは208.01点でした。

中村俊介ショートプログラム以後3位だった銀フリースケートで2回倒れ、198.64で4位を記録した。 ロバート・ヤムフォールスキー 米国の(198.02)が5位を占めました。 ガタイセタケル (182.49)6位。

ヨシオカは「カリビアンの海賊」に合わせてスケートに乗って素敵なクワドラフルトルーフ/トリプルトルーフコンビネーションジャンプで始まり、続いて6つのきれいなトリプルを着地しました。 彼のジャンプ能力は彼のスピンの1つからレベル2を受け取ったので、彼は賞を受賞しました。

全内容を読む スポーツルックで。

広告

作家: ジャックギャラガー

著者はベテランスポーツジャーナリストであり、世界最高のフィギュアスケート専門家の一人です。 アーティストページでジャックの記事やポッドキャストを見つけてください。 ここTwitterで彼を見つけてください。 @sportsjapan

READ  2022年Lexus NX、日本の最高峰のぞき
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours