吉沢(14歳)、日本のストリートスケートボーダーを席巻してオリンピック出場

1 min read

14歳のココ吉沢は日曜日、ブダペストで行われたオリンピック予選シリーズ女子ストリートスケートボード決勝で日本の表彰台を席巻しながらパリオリンピック出場権を予約しました。

吉沢はハンガリー首都で開かれた大会で最後の妙技を成功させ、4位から1位に飛び上がりました。 彼女は総点270.29点で世界チャンピオン織田ゆめか(268.52点)を記録し、東京オリンピック銅メダリスト中山ふな(Funa Nakayama)は263.62点で3位を占めました。

日本の吉沢ココが2024年6月23日、ブダペストで開かれたパリオリンピック予選シリーズ女子ストリートスケートボード決勝で試合を繰り広げている。 (京都) ==京都

2024年6月23日、ブダペストで行われたパリオリンピック予選シリーズ女子ストリートスケートボード決勝で優勝した後、同胞である織田ゆめか(左)と中山ふなと共にそれぞれ2位と3位を占めた。後の写真のためにポーズをとっています。 。 (刑務所)==刑務所

前日の準決勝でオリンピック出場権を獲得したリズ・アカマ(Liz Akama)は262.50点を獲得し、4位を占めました。

中山はまた、小田川東京オリンピック金メダリストの西谷桃司がすべて脱落する日本選手たちの激しい競争の中で、オリンピック3大クォーターの一つを確保しました。

日本は以前に男性ストリート賞を獲得し、堀江優人が大会で優勝し、東京オリンピックの金メダルを守る機会を得ました。

女子パークスケートボード県オリンピックチャンピオンのエレメントズミサクラ(Sakura Yosozumi)は決勝戦に進出できなかったが、世界ランキングを通じてパリオリンピック出場資格を得た。

ブダペストで開催される予選シリーズ4日目には、ブレーキングやスポーツクライミングでもオリンピッククォーターが確保されました。

日本は、優勝者の浅井亜美(Ami Yuasa)と準優勝者の福島あゆみ(Ayumi Fukushima)がオリンピック出場権を獲得し、女子撃破授賞隊を一掃したが、3位の津彦理子(Riko Tsuhako)が脱落した。

日本のユアサ・アミが2024年6月23日、ブダペストで開かれたパリオリンピック予選シリーズ女子撃破決勝で試合を繰り広げている。 (刑務所) ==刑務所

東京オリンピック女子クライミング統合銀メダリストである野中美穂(Miho Nonaka)は、アメリカのブルック・ラブート(Brooke Raboutou)に次いで2位を占め、予選通過後、2回目の連続オリンピック賞に上がりました。


関連プレス:

スケートボード:堀江め、日本の表彰台を一掃してオリンピック出場権を獲得

スケートボード:日本、オリンピック出場権をめぐって激しい最終決戦を繰り広げる

スケートボード:堀越ゆう、オリンピック予選で衝撃的な早期脱落


READ  ハンナアーノルド、2022ミスインターナショナル参加のために日本に到着
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours