スポーツ

吉田、歴史的な16強進出

Maya Yoshidaは、日本をカタールの未知の領域に導きたい女の子の名前を持つ荒いタックルディフェンダーです。 この大会は彼のワールドカップディナーになりそうなトーナメントです。

Yoshidaの第3ワールドカップであり、主張腕章を使用した最初のワールドカップでは、日本はE組でドイツ、スペイン、コスタリカと対戦します。

34歳のこの選手は12年間日本の守備の確実な礎石で、120以上の国際大会出場を記録し、これまで以上に準備ができているはずです。

シャーケ・センターバックはまた、ヨーロッパで長年のクラブ生活をしながら世界の教養ある人に発展し、さらにサウサンプトンでほぼ8年を過ごし、英国永住権を得た後、「25%英語」を感じると主張することもあります。

吉田は娘に対する母の願いが叶ったら、2011年日本女子ワールドカップ優勝チームの一員になったかもしれません。

彼女は3番目の子供をMayaと呼ぶことにしました。 一般的に日本では少女の名前です。 そして、別の息子を産むことに気づいた後も、その名前に固執しました。

以後、吉田は日本最高の擁護者の一人であり、現実感のある性格とキスはユーモア感覚で有名な人気のある人物となりました。

Southampton’s Saints FCのポッドキャストの進行役であるJohn Baileyは、2020年のAthleticとのインタビューで、ディフェンダーは「親切な態度と素晴らしい友達になるような気持ちを発散します」と述べました。

「聴衆にどんな聖徒たちと一緒にお酒を飲みたいのか尋ねたとき、吉田が1位を占めました」と彼は言いました。

しかし、サウジアラビアのファンが昨年、ジェダで行われたワールドカップ予選で知ったように、吉田はプッシュすることではありません。

日本の主張は、競技後「差別的なジェスチャー」と主張したことに対して、競技場からサポーターを分離するフェンスに向かって行進し、指を刺して彼らに抗議した。

-集団行為-

吉田は2020年初めにサウサンプトンを離れ、サンプドリアでイタリアで2年半を過ごした後、今シーズンドイツのシャーケに加わりました。

彼はヨーロッパで彼の長寿を喜んで適応し、訓練場でやっているように言語能力を向上させるために一生懸命働いています。

彼はリバプール生まれのチームメイトであるRickie LambertがSouthamptonに初めて到着したときに理解するのは難しかったが、今は英語に堪能であり、悪口を学ぶことはより良い統合に役立つと言った。

彼は2015年インディペンデントとのインタビューで「英語ができない人々の問題は日本教育の問題」と話した。

「6年間英語を勉強すると、人々は英語を読んで、少し理解できますが、英語を話せません。英語は話すためではなく、試験のための英語です」

吉田は母国の日本で非常に尊敬される人物であり、元主張長谷部誠が2018年ワールドカップ以後国家代表チームから引退したときに腕章を受け継いだ自然な選択でした。

しかし吉田には不安な瞬間がなく、去る6月日本がチュニジアに3-0で敗れたキリンカップで熱い時間を過ごした。

しかし彼は過去16強でアジアチームが3回も敗れたカタールで初めて祖国をワールドカップ8強に導くという覚悟を固めた。

4年前、ロシアで日本はスターでいっぱいのベルギーとの16強戦後半半ばまで2-0で勝利したが、後半3ゴールを苦痛に失点しました。

彼は去る5月、刑務所通信とのインタビューで「私自身のために(最後の16強)を超えて日本スポーツの歴史を作りたい」と話した。

amk/dh/as

READ  ババリアンで走ったワラビー3匹がコロナ19陽性判定を受けました。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close