経済

同性結婚禁止は憲法に違反しない、日本の裁判所の判決

日本の裁判所は、月曜日、日本の同性結婚禁止が憲法に違反しないという判決を下し、自由な結合と平等の権利を侵害したと主張した3人のカップルの賠償要求を棄却した。

大阪地方裁判所の判決は、この問題に対する2番目の判決で、昨年札幌裁判所が同性結婚禁止を違憲で判決した判決に同意しない。

G7主要先進国の中で唯一同性結合を認めない日本で、この問題がどれほど分裂的なのかを示しています。

判決で、大阪裁判所は、原告が直面した差別に対して夫婦当たり100万円($7,400)の損害賠償請求を棄却しました。

原告は2019年、札幌、東京、名古屋、福岡、大阪の5つの主要都市で政府を相手に自由な結合と平等権を侵害した訴訟を提起した同性カップル14組のうち、男性2組と女性1組だった。

彼らは異性愛カップルが結婚を通じて味わうのと同じ経済的、法的恩恵を奪われ、違法に差別を受けていると主張した。

日本での性的多様性への支援はゆっくりと増加したが、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーに対する法的保護は依然として不足している。 LGBTQの人々はしばしば学校、職場、家庭での差別に直面し、多くの人々が自分の性的アイデンティティを隠します。

国際社会の注目が日本に集められた昨年夏、東京オリンピックを控えて人権団体が平等法通過を促したが、この法案は保守与党によって否決された。

大阪裁判所は、月曜日の1947年憲法で、婚姻の自由は男女結合だけを意味し、同性結婚は含まないので、同性結婚を禁止することは違憲ではないと明らかにした。

ドイ・フミ判事は「異性愛カップルの結婚は子供を産んで育てる男女の関係を保護するために社会が制定した制度」とし「同性関係を保護するための方案はまだ公開議論が進行中」と話した。

しかし、裁判所は、議会に同性結婚を合法化するためのオプションを含め、同性関係をよりよく保護する方法を講じることを促しました。

月曜日の判決は、2021年3月の札幌地方裁判所の判決後、政府をさらに圧迫しようとした活動家たちに挫折を与えた。

原告と弁護人は、月曜日の判決を受け入れることができないと訴えると述べた。

原告の田中秋吉氏は記者会見で「国会が措置を取るために司法手続で裏付けを得るために法的措置を取ったが、裁判所は決定を下さなかった」と話した。

彼は戦い続けると言った。 彼は「私たちは落胆する時間がない」と付け加えた。

現在、日本世論は同性結婚合法化に賛成している。

日本の現行規則によれば、同性カップルは、お互いの財産、家、または彼らが共有するその他の資産を継承することはできず、お互いの子供に対する親権もありません。 彼らはしばしばアパートを一緒に借りたり、病院の訪問やカップルが利用できる他のサービスを禁止します。

日本全域の200以上の市町村(全体の12%)が2015年、東京の渋谷地域が初めて同性カップルに法的拘束力のないパートナーシップ証明書を発行し始めました。

東京都は最近10月からパートナーシップ証明書を希望する聖少数者カップルの登録を受け入れる計画を採択しました。

しかし、これは結婚証明書と同じではなく、同等の法的保護を提供しません。

台湾は同性結婚を合法化した唯一のアジア諸国または領土です。

(このレポートの見出しと図だけがBusiness Standardの従業員によって変更された可能性があり、残りのコンテンツはシンジケートフィードから自動的に生成されます。)

READ  日本のPersol、シンガポールHRスタートアップに2250万ドルの投資を主導

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close