トップニュース

名城大完全逃すも3年連続3冠/富士山女性逆転詳細 – 陸上ライブ速報:日刊スポーツ

<전일본 대학 여자 선발 역전 (후지산 여자 역전)> ◇30日◇富士山本宮浅間神社前 – フジ総合公園陸上競技場(7区間43・4キロ)

全日本大学女子駅伝を4連覇した名城大が2時間21分37秒の大会新記録を作成し、3年連続で「富士山」を抜いて3年連続3冠王に上がった。 大東京大学は3年連続2位。 3位は立命大。

1区で高松友美無センビ(3年)がトップ6秒差の2位不振だったが、2口和田ユナ(3年)が区間タイ号走行を示し、2位立命大50秒差のトップに立って4区山本有真(2年)も区間タイを表示突き放し。 5区エース区間に加え梨花(4年)が終盤にペースダウン2位の東京大学に48秒差まで強要したが、6区増渕祐香(1年)7区アンカー小林成実(2年)が一緒に区間ニューを出し王子の貫禄を見せて逃げてしまった。

チーム関係者に新型コロナウイルス感染者が発生して出場を辞退した大阪芸大と感染防止のための参加を見送られた全日本大学選抜と現学生選抜を除く21チームが参加。 富士山本宮浅間神社前を開始富士総合運動公園陸上競技場にゴール43・4キロ(7区間)で競った。

◆レース経過

※時間は速報値

◆7区= 8.3キロ(岡島運輸の駐車場前〜フジ総合運動公園陸上競技場)

※3キロを超えるから高低差約4.6キロで169メートルの厳しい位。 その中源太坂(3.8キロ地点)は、急激な下り坂区間。仕上げになる富士総合運動公園陸上競技場の前に高度の最も高い176メートル

◆仕上げ 小林が28分26秒の区間ニューを表示して逃げ、名城大が3年連続2冠を達成した

[최종 순위]

(1)名城大2時間21分37秒(初心者会議)

(2)大きな東大+ 2分38秒

(3)立命大+5分22秒

(4)松山大+6分04秒

(5)大阪学院大+6分15秒

(6)城西大+6分21秒

(7)日本体育大学+6分43秒

(8)関西の大学+7分41秒

(9)福岡+8分38秒

(10)関西外大+9分13秒

(11)順大+9分35秒

(12)仏教大王+ 10分9秒

(13)東洋大+10分25秒

(14)京産大+10分30秒

(15)拓大+11分09秒

(16)東北福祉大+11分26秒

(17)京都光華女子大+11分34秒

(18)東農大+11分53秒

(19)玉川大+12分09秒

(20)CUHK + 12分46秒

(21)神戸学院大+13分5秒

◆中間点最高の名城大ゴバヤシイ区間新しい速度の13分33秒で通過する。 2位の東京大学・山賀は14分3秒の差は、熱

◆3・1キロ最高の名城大小林上り区間に進入

◆1・3キロ名城大小林がトップ独走

◆6区= 6 2.0キロ(ジヤトコ本社前〜岡島運輸の駐車場前)

※富士山撮影のビューポイントである田舎に長い直線コース

◆第6中継所 3連覇を狙う名城大・増渕が19分31秒の区間新走行を見せ、単独首位を守ってアンカー小林成実(2年)にタスキリレー。初優勝を目指し、2位の東京大学も咳が19分35秒の区間ニューを表示して、48秒差で山賀みずほ(2年)に接続

(1)名城大1時間53分

(2)大東大+48秒

(3)立命大+1分55秒

(4)Chengxi University + 3分4秒

(5)日本体育大学+3分10秒

(6)松山大学+ 3分38秒

(7)大阪学院大+3分47秒

(8)関西の大学+4分20秒

(9)福岡+4分31秒

(10)順大+5分15秒

◆4・0キロ最高の評判と2位の東京大学の差は222メートル

◆1・0キロトップ独走名城大・増渕が3分12秒で通過する。 2位の東京大学・咳は3分09秒で通過

◆5区= 10.5キロ(富士市クリーンセンター里帰り前〜ジヤトコ本社前)

※エース区間。アンチョビ行っても、田子の浦項、富士市の中心市街地、吉原商店街を駆け抜け最も長い区間

◆第5中継所 名城大・加勢が後半速度を落としたが、単独首位に増渕祐香(1年)にタスキリレー。 2位の東京大学鈴木は後半ペースアップ57秒満たし44秒差まで迫る大エース関谷夏希(大学院1年)にリレー。区間賞34分29秒台東大鈴木。 2位は35分02秒立命館大学・中田、3位は35分26秒名城大・加勢

(1)名城大1時間33分41秒

(2)大東大+44秒

(3)立命大+1分03秒

(4)日本体育大学+2分16秒

(5)松山大学+ 2分37秒

(6)Chengxi University + 2分43秒

(7)大阪学院大+2分52秒

(8)福岡+3分09秒

(9)関西大学+3分26秒

(10)順大+3分51秒

◆6.8キロ大東京大学鈴木が立命館大学・中田を抜いて単独2位浮上

◆6.6キロ大東京大学鈴木が立命館大学・中田を把握普通株

◆5・0キロトップ名城大・加勢が16分12秒で通過する。 2位立命館・中田は1分40秒差で3位に大きな東大鈴木は1分45秒差。 4位日体大5位城西大6位松山大7位福岡8位関西の大学9位大阪学院大10位順大

◆3 2.0キロトップ名城大・加勢が9分33秒ハイペースで通過する。大東京大学鈴木も同じ時間に通過し、2位立命大・中田に迫る

◆1・0キロ名城大・加勢トップ独走

◆4区= 4.4キロ(富士市交流プラザ前〜富士市クリーンセンター帰郷前)

※平坦区間も富士川河川敷を冬の風が吹いて

◆第4中継所 名城大・山本区間、タイ13分55秒のタイムを出して、単独首位でエースの加え梨花(4年)にタスキリレー。 2位立命大は1分27秒差で中田美優(4年)にリレー。 3位の東京大学は、1分41秒差で鈴木ゆか(3年)に続く

(1)名城大58分15秒

(2)立命大+1分27秒

(3)大東京+1分41秒

(4)日本体育大学+2分12秒

(5)関西の大学+2分18秒

(6)福岡+2分30秒

(7)Chengxi University + 2分31秒

(8)松山大学+ 2分36秒

(9)大阪学院大+2分49秒

(10)順大+3分3秒

◆1・2キロ名城大山本がトップを独走

◆3区= 3.3キロ(石井鉄工所前〜富士市交流プラザ前)

※平坦区間もJR東海道線ガードのアップダウンの注意

◆第3中継所 名城大・カモ仮定単独首位に山本有真(2年)にタスキリレー。 2位立命大は45秒差。区間賞10分22秒に、日本体育大学・保坂と順大・花田咲絵(4年)

(1)名城大44分20秒

(2)立命大+45秒

(3)大東京+1分04秒

(4)関西大学+1分15秒

(5)日本体育大学+1分16秒

(6)大阪学院大+1分37秒

(7)松山大学+ 1分39秒

(8)福岡+1分46秒

(9)順大+1分51秒

(10)Chengxi University + 1分53秒

◆2.2キロ名城大・鴨志田海来(3年)がトップを独走。日本体育大学・保坂春子(1年)が5位浮上

◆2口= 6・8キロ(富士山本宮浅間神社前〜石井鉄工所前)

※高低差98メートルの長い下り坂

◆第2中継所 名城大和田が20分40秒の区間タイ号走行を見せ、単独首位にたすきリレー。 50秒差で2位立命大

(1)名城大33分50秒

(2)立命大+50秒

(3)大東京+1分

(4)関西大学+1分02秒

(5)福岡+1分23秒

(6)日本体育大学+1分24秒

(7)松山大学+ 1分26秒

(8)大阪学院大+1分32秒

(9)Chengxi University + 1分41秒

(10)東農大+ 1分59秒

◆6.2キロ立命大・ヒダが大きい東京・ヨシウル振り払う単独2位

◆4.9キロ立命大・ヒダが大きい東京・吉井、日本体育大学・内を一気に抜いて2位浮上。日本体育大学はやや遅れの東京大学は追撃

◆4.1キロ立命大・飛騨凜香(2年)が日本体育大学・宮を守る4位に浮上した。トップ名城大2位の東京、3位関西の大学

◆2.4キロ単独首位に名城大。 2位グループは、日本体育大学・宮、関西の大学・コース期正雄(1年)、大東京・吉ライミ(2年)

◆1.1キロ 名城大和田ユナ(3年)が日本体育大学・宮内志佳(1年)を把握マンで

1区= 4.1キロ(富士山本宮浅間神社前〜富士山本宮浅間大社前)

※浅間神社の周りに市内を回って。 20メートルの上り下りが激しいコース

◆第1中継所 残りの620メートルで、日本体育大学・アカ堀花梨(2年)が名城大・ダカマスウル把握トップに立っている。名城大は6秒差で4位

(1)日本体育大学13分4秒

(2)大阪学院大+3秒

(3)関西大学+4秒

(4)名城大+6秒

(5)福岡+10秒

(6)京産大+11秒

(7)大東大+12秒

(8)立命大+20秒

(9)仏教大詰め+ 21秒

(10)Chengxi University + 21秒

◆3キロ2位グループの日本体育大学、立命大、関西の大学が上位名城大に迫る。大きな東大やや遅れ

◆1・4キロ 上記途中名城大・ダカマスイ装置集団を抜け出し単独首位

◆1キロ3分31秒で通過する。 集団の開始は、松山大鈴木樺連(3年)。名城大・高松智美無センビ(3年)、大東京・今井彩月(2年)は、その後方に位置する。ゆったりとしたペースで

◆出発点午前10時号砲。 21チームが一斉に開始します。 天気は雨上がっ曇り、気温11度、湿度98%

■■■■■■■■

◆出場チーム名城大大東京、日本体育大学、立命大、関西大学、大阪学院大、城西大、松山大、拓大、京産大、順大京都光華女子大、東洋大仏教台、東農大、福岡、関西外大、玉川大、神戸学院大、中隊、東北福祉大(大阪芸大は出場辞退)

READ  国内2860人、東京708人の感染重病患者最多659人 - 新型コロナ - 時事通信ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close