名探偵コナン映画が再び日本のボックスオフィスを席巻しました。 ブルーロックとハイキュー映画が続く。

Estimated read time 1 min read

2024年現在まで、週末最高収益を上げ、記録的なデビュー作であり、フランチャイズ最高記録を達成した27番目の名探偵コナン映画が再び日本のボックスオフィスランキングを席巻しました。 2週連続1位を占めた「ケースクローズ:ミリオンドルペンタグラム」は、4月12日の公開以来、累積観客数65億円、観客数447万人を記録した。

ケース終了:The Million-dollar Pentagramは週末のボックスオフィスの売上(4月19~21日)で圧倒的な記録を維持しているのに対し、Blue Lock:Episode Nagiは公開週末に2位を占めました。

4月19~21日週末公開映画ランキング1位に上がった名探偵コナン映画は3日間132万7000人の観客が映画を観覧してボックスオフィス19億2100万円を稼いだ。 (Kogyo Tsushinshaの研究によると)

ブルーロック映画日本興行デビュー

HTはいつでもどこでもクリケットをキャッチできるワンストップの目的地であるCrick-itを発売します。 今探検してください!

ブルーロック(Blue Lock)シリーズの最初の映画である名探偵コナンに続き、公開3日ぶりに興行収益4億6,300万円、観客33万7,000人を集めました。

また読んでください。 ガルデン:孤独なオオカミの道:致命的な地下武道の世界が生きています。 予告編を見る

ハイキュー最終映画1編興行記録

公開10週目に入った映画「ハイキューごみ場戦闘」は既存順位4位を維持した。 テレビアニメ第4シーズンの2つの続編の中で、最初のスポーツ映画は先週末に97億円以上の収益を上げ、2月の公開以来、累積観客数は683万人に達しました。

東方アニメプロジェクトは日本のボックスオフィス歴代ランキングにも上がった。 4月21日現在、歴代ボックスオフィス100位圏の47位を記録し、2022年映画名探偵コナン:ハロウィンの花嫁に続き47位を記録しました。

4月19日〜21日の週末:日本のボックスオフィスのトップ10映画

  1. 名探偵コナン:百万ドルの五角形(既存1~2週目)
  2. Blue Lock:エピソードナギ(新規)
  3. 陰陽師0実写(新規)
  4. 劇場版ハイキューごみ場戦闘(既存4~10駐車)
  5. 奇妙な家/ヘナレ(既存2〜6週間)
  6. 劇場版ドラえもんのび太の大地交響曲(既存5~8週目)
  7. オッペンハイマー(以前は3~4週目)
  8. Shigatsu ni Nareba Kanojoは(前7~5週間)
  9. ゴジラマイナスワン(既存8~25駐車)
  10. 機動戦士ガンダム – シードフリーダム(既存6~13駐車)
Hindustan Timesの最新のエンターテイメントニュースとともに、ボリウッド、ハリウッド、音楽、ウェブシリーズの追加アップデートを入手してください。

READ  映画は脳損傷後の癒しのマウンテンバイクのルートを示しています
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours