Breaking News

周東、柳の分断を/ロッテCS突破の鍵・前編 – プロ野球:日刊スポーツ

1 min read
ソフトバンク周東(左)と柳

ロッテは14日からソフトバンクとのCSを迎える。 井口資仁監督(45)は、ソフトバンク優勝直後、「選手層が厚いですが、そのような中でも、最後に連勝しているところは、経験値を含む私達よりもはるかに上だというところだ」と捉えていた。 どのように日本シリーズへの道を開けるか攻守両面で勝機を探す。[카네코 마사미]

◇◇◇

レギュラーシーズンは12勝11分け1敗だった。 1試合平均失点は3・25点。 敗れた11試合だけを見ると、3・91点。 わずか7点6点5点を失点最悪3日先発経験中村稔が投げている。 福岡入り後、全体練習に姿はなく、今回のCSでは登板機会はないようだ。

シーズンに逆転だけのことはある。 投手陣は、役割を高いレベルでこなすてきた。 オールシーズンチーム防御率3・81は、ソフトバンク前限定すれば2・99まで向上する。 また、今回のCSで登板する可能性が11番手に限定すると一気に2・35までになる。 ロッテ打線のソフトバンク戦1試合平均得点は3・46点。 14ゲーム差が出ているとはいえ、一方的な展開は考えにくい裏付けがある。

注意すべきはホームランだ。 オールシーズンソフトバンク戦でロッテが出したホームランは14本(うち3つは、現在では部材の二つの外国人)、一方で投手陣の被本塁打は25本。 象徴的なのが、11月4日ZOZOマリンの試合である。 チェン・ウェインが丁寧に力強く投げていくが、2つのソロを打たれ打線は千賀三振の山を築いた点も奪うことなく敗れた。 2つの被弾はすべてあっさり2社を握った直後だっただけに後悔した。

1回周東が出て3番柳に戻ります – 。 ビッグイニングをもたらすことができ得点パターンの「分断」も必須だ。 オールシーズン1回周東&3番柳のコンビと戦ったのは12試合(うち1試合は4回柳)が、同じイニング2人の連動が失点につながった7回にとどまっている。周東の出塁(併殺崩壊などを含む)は、最近、9試合で38打席で11回。 CSも最大限出塁を防ぎたいところである。 1試合を通じて高い集中力が要求される。

READ  日本アメリカ野球交流| 国民スポーツ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours

ついに発売「iPhone 12 mini」招待SEに比べてサイズ感は?実際の比較 – Engadget日本版

惑星に含まれる放射性元素の量が生活の居住性を左右? | sorae宇宙のポータルサイト