理科

命を守る「夢の」COVID-19ワクチンを開発する東京研究員

東京の研究者らは、コロナウイルスとの戦いが3年目に入り、ゲームチェンジャーになる生涯効果を提供する「夢の」COVID-19ワクチンを開発しています。

ほとんどのCOVID-19ワクチンは、レシピエントの抗体レベルの低下によって定期的な追加接種が必要と思われる時期に生涯有効なワクチンを作成することで、世界中で膨大な財政的節約を可能にし、世界中がコロナウイルスに対して優位を占めるすることができます。 、世界中で2億7000万人以上を感染させ、500万人以上の命を奪いました。

大流行が始まった直後の2020年の初めに、東京都立医科大学の名誉研究員である小野原明は、世界が致命的な病気を根絶するのに役立つ実証済みの天然痘ワクチンに基づいてワクチンを開発することができるかどうか疑問に思いました。 。 天然痘ワクチンに使用されたワクシニアウイルスは、彼が30年以上研究したテーマであり、コハラは生命を強力に保護するワクチンがどれほど重要かを直接知っています。

天然痘ワクチンは、死亡率が非常に高い感染症に対抗するために、1796年にイギリスの医師Edward Jennerによって開発されました。 日本では1956年以来患者がなく、政府の定期予防接種は1970年代後半に終了しました。 このワクチンは感染性疾患を正常に根絶した唯一の注射であり、最後に知られた事例は、世界保健機関(WHO)が共同でグ​​ローバルワクチン接種キャンペーンを行った後、1977年にソマリアで発生した患者でした。

コハラは2020年4月、国立感染症研究所と共同でコロナ19を誘発するSARS-CoV-2ウイルスのスパイクタンパク質を含む組換えワクシニアウイルスの開発に着手した。 彼らは、SARS-CoV-2スパイク遺伝子を送達するための非常に効果的で安全なウイルスベクターとして機能するDIと呼ばれるワクシニアウイルス変異体の非病原性株を選択しました。

Pfizer Inc.-BioNTech SEとModerna Inc.によって開発されたメッセンジャーRNA COVID-19ワクチンは深刻な病気と死亡を予防することに成功しましたが、中和抗体はワクチン接種後6ヶ月後に著しく低下するため、特にオミクロン変異に対するブースターが必要です。

対照的に、コハラが主導するワクチンは、接種の1週間以内に強力な中和抗体を産生することができ、すべてのワクチンの中で最も強力な細胞免疫を誘導することができると彼は言います。 現在利用可能なCOVID-19ワクチンのいずれも長期保護を提供していないように見えるため、これは重要です。

高病原性鳥インフルエンザHA遺伝子をコードする組換えワクシニアウイルスを用いたマウス実験では、20ヶ月以上、またはマウスの平均寿命に近い高い抗体レベルが維持され、すべてのワクチンを接種したすべてのマウスにおいて鳥インフルエンザに感染したことが示された20 ワクチン接種後数ヶ月間生存した。 対照的に、ワクチンを接種していないマウスはすべて死亡した。

東京都医科大学名誉研究院小原道のり東京メトロポリタン医科大学

小池百合子東京都知事が情熱を表明したこのプロジェクトは、東京都が後援する特別調査の一環として行われた。

コハラはジャパンタイムズとのインタビューで「アデノウイルス、メッセンジャーRNAなど様々なワクチン技術を研究してきたが、ワクシニアウイルスベクターを使ったワクチンが最も強力で副作用がほとんどない」と話した。 「このワクチンの特徴は、抗体と生涯免疫を誘発できることです。 1回接種すると20ヶ月以上その効能が維持されるが、この効果を出すことができるワクチンはない」と話した。

カニを食べるサルのテストでも、ワクチンは霊長類の肺炎の発症を防ぎ、肺で検出されたウイルスの量はコロナウイルス感染の7日後に検出限界未満であることがわかりました。

国内製薬会社であるノーベルパーマが2023年上半期、日本で小原ワクチンの1、2次臨床試験を感染経験者と接種者など志願者150~200人を対象に進行する予定だ。 有効性と安全性が確認されればすぐに最終臨床に突入し、早ければ2024年の商用化を目指している。

このワクチンの最大の障害の一つは、最後の臨床試験を実施するために必要な数百億円を確保することです。 政府は国内製薬会社の大規模臨床を支援するために1000億円以上を割り当てたが、ノーベルパーマと東京都医科大学はワクチン商用化経験がないため、プロジェクトの臨床試験を支援する計画はない。 、小原が言った。

彼は「臨床試験の最初の2段階が人間に効果が現れれば政府が心を変えてほしい」と話した。 「または、より有望な選択で主要な製薬会社と協力して試験を実施する」と彼は言った。

ラットの試験では、1回の注射がワクチン接種の1週間以内に生涯にわたって保護するのに十分な中和抗体を誘導することが示されたが、Koharaは3週間間隔で2回の注射で中和抗体が10倍増加したと述べた。

コハラは特に若い男性の高熱と心筋炎に対する懸念がコロナ19ワクチンキャンペーンにブレーキをかけている時期にワクチン副作用の側面でも優位を占めていると述べた。 完全な副作用のないワクチンはありませんが、ワクシニアウイルスは2世紀以上にわたって天然痘ワクチンに安全に使用されており、ワクチンに使用されているワクシニアワクチン変異型DIは哺乳動物から複製できなくなりました。 これは、他のCOVID-19ワクチンと比較して、副作用反応がはるかに少ないことを意味すると述べた。

ある研究者が東京都医科大学が開発したコロナ19ワクチン候補物質を実験している。  | 東京メトロポリタン医科大学
ある研究者が東京都医科大学が開発したコロナ19ワクチン候補物質を実験している。 | 東京メトロポリタン医科大学

コハラが開発したワクチンは、アストラジェネカのチンパンジーアデノウイルスワクチンベクターがコロナ19予防接種に使用されたものとは異なり、すでにワクチンとして活用されており、ベクターとして有効性と安全性が検証された天然痘ワクチン菌株を使用するとプロジェクト中山テツオ(Tetsuo中山)は言った。 北佐藤生命科学研究所教授であり、日本臨床ウイルス学会理事。 中山はワクチンの開発には関与していません。

彼は「1980年に天然痘が撲滅する前は、1976年までに天然痘ワクチンを使用し、1976年以前に生まれた人々はほぼすべて接種された」と述べた。 天然痘ワクチンを接種したマウスは免疫効果が確認されていますが、天然痘ワクチンを接種した人の場合には免疫低下効果がある可能性があります。

専門家は、以前のワクチンレシピエントがベクター自体に対する既存の免疫を有することができ、ワクチンの有効性を低下させる可能性があると専門家が言うと、アデノウイルスを遺伝子またはワクチン抗原を送達するベクターとして使用するワクチンに対しても効力の減少についてこれらの懸念が提起されました。

Koharaは、これらの懸念の解決策を見つけたと言います。 ワクチンは通常、皮膚の下の筋肉または皮下脂肪に投与される。 受益者がこのような既存の方法でワクシニアウイルスワクチンを接種すると、まれに使用される皮内接種方法である皮膚の直下に浅く注射すれば問題なくワクチンの効能を保証できるという証拠があると彼は言った。

実験室試験はまた、デルタを含むコロナウイルス変種に対するワクチンの広範な有効性を確認した。 鳥インフルエンザの様々なバリアントについて、世界中で4つの異なるワクチンが開発されていますが、Koharaは、すべてのコロナウイルスバリアントの有効性が彼の単一のワクシニアワクチン候補で示されていると述べました。 彼はワクチンがオミクロン変異体に対しても効力を示すと付け加えた。

ワクチンのもう一つの利点は、室温で乾燥した形態で長期間保管することができることであり、これは熱帯気候を有する発展途上国にとって特に有用である。

彼は「現在の状況は3~6ヶ月ごとにワクチンを迎えなければならず、懸念される新しい変種が現れるたびに新しいワクチンを作らなければならない状況」と話した。 「したがって、私たちのワクチンの有効性が1年、2年、または3年間続く場合、社会インフラ全体に数兆円相当の大きな削減効果があります。 このワクチンはまた、多くの変異体に対して作用することができる高い交差免疫性を持っているので、これら二つだけでもこのワクチンを作ることが正当化されます。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  イタリアで発見された11匹の恐竜の群れの化石恐竜

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close