Economy

和島秀樹の「明日の号悪材料Next」〜第15回 – 週乗車

実績上方修正した国土強靭化・集食べ物関連厳しい見通し紙パ

和島秀樹(Hideki Wajima)

株式記者

日本の勧業各円形証券(現みずほ証券)入社。 株式新聞社(現モーニングスター)記者を経て、2000年にラジオNIKKEIに合流した。 東京証券取引所・記者クラブキャップ、解説委員などを歴任した。 現在レギュラー出演している番組にラジオNIKKEI「市場プレス」日経CNBC「デイリーフォーカス “毎週水曜日がある。日本の技術アナリスト協会協議会委員、国際公認の技術アナリスト連盟公認技術アナリスト(CFTe)。

[이번 체크 한 「내일의 호 악재 “기사 목록]

8月28日

8月31日

9月1日

9月2日

9月3日

8月28〜9月3日からセルロースナノファイバー、橋、食事の購読、5Gなどのテーマのある材料があった。 一方、紙パルプ業界の実績が難しい認識分かった。

8月28日分中越パルプ工業

■号悪材料〜プライベートだったタブー最終赤字に転落、未定だった上半期の配当は無配転落。 セルロースナノファイバー(CNF)複合樹脂「nanoforest-MB」の販売を開始

製紙業界の中堅。 王子ホールディングスが最大株主で同社の持分法適用会社。 新聞用紙、印刷、包装紙に展開している。

プライベートであった2021年第3四半期の売上高は760億ウォン(前期比20.1%減)、営業利益27億円の赤字(前年20億5700万円の黒字)になる見通しである。

■「主乗車 “プレミアムで確認することができ中越パルプ工業の実績改訂履歴

刑事

紙パルプ業界では、新型コロナ拡大による景気低迷で需要の減少に困難な状況。 発表資料で、「主要な製品の印刷情報用紙は、イベントの中止やテレワークの普及などで、国内製紙産業全体の出荷台数は、前年同期比で約30%の低迷が続い」としている。 回復には時間がかかると見ている。 期末配当は未定(前期は年間25円倍)。

コロナ契機としたデジタル化の進展にも王子紙のほか、製紙三菱製紙などの同業も難しいことができる。

一方、同社が強みを持つセルロースナノファイバー(CNF)は、植物由来の素材で鋼の5分の1の軽さで、5倍の強度をなどの特性を持っている。 環境に配慮し強く軽量化ができる補強材として自動車をはじめとする産業分野での応用が期待される。

CNF複合樹脂「nanoforest-MB」は、同社の従来品に比べ衝撃強度を高めたなどの特徴がある。 自動車部品などの展開が期待される。

CNF関連会社のほか製紙、大王製紙、星光PMC、第一工業製薬などがある。

8月31日分コアブーツ産業

■号悪材料〜タブー軽傷を2.6倍上方調整、配当も30円増額

架橋中心の中堅建設企業。 PC(プレストレストコンクリート)技術で定評がある。 公共機関のための需要が80%を占めている。 地盤は九州。

2020年9月期の業績を上方修正し、売上高は前の予想を5億6800万円上回る106億6200万円(前期比9.2%減)、営業利益は5億2900万ウォン増額800000000 3500万円(同26.1%減)した。 期末配当は前の予想より30円増倍80円(前期比20円増配)ローハンだ。 修正の理由は、収益性が良い工事進捗率が予想を上回ったためだとしている。

■「主乗車 “プレミアムで確認することができ、コアパーツ産業の業績改訂履歴

刑事

会社が誇るPCは、あらかじめ力を加えたコンクリートのこと。 PC技術を利用することにより、コンクリートの最大の弱点である「圧縮に強いが引張に弱い」を克服することができる。 具体的には、事前にストレスを加えた状態で、足などを作る。

会社では、PC工法を用いた橋梁工事に多数の実績があります。 高度成長期に建設された橋梁の補修と新設需要が増加傾向にある。 同社の売上高・利益の増額後も減収減益だが、これは、大規模案件の端境期などが要因とみられる。 需要の増加で21年第3四半期は、利益の増加に転じる公算が大きい。 国土強靭化、防災・減災という国策もプッシュ要因となりそうだ。

PC工法の巨人ピーエス三菱、富士ピーエスなど。 橋は横河ブリッジホールディングス、OSJBホールディングス、コマ日テックにも注目できるようだ。

9月1日分ライドたエクスプレス・ホールディングス

■号悪材料〜タブー軽傷を36%上方修正・最高益予想を加算配当も20円増額

調理された食品の宅配事業を全国で展開して寿司 “シルバーまた「釜飯」釜寅」などがある。

2021年3月期の業績を上方修正売上高は前予想26億3600万円上回る247億3900万円(前期比17.6%増)、営業利益は5億9500万円にのせ22億円(同59.5%増)となる見込みである。 期末配当は従来予想から20円増配して30円(うち特別配当20円)とする。

■「主乗車 “プレミアムで確認することができるライドたエクスプレスHD四半期の業績の成長性推移

刑事

新型コロナの影響で食事需要の増加で「シルバーまた “、”釜寅」の売上高が予想以上。 発表資料によると、「今後は、その傾向が徐々に緩和されることができるが、それでも昨年を上回って推移すると予想される」としている。

食事(配食)事業は、当分の間継続される公算が高まっている。 配信仲介サイト「配信館」を運営する出前館のほか、添加物を極力使用しない加工食品やプレミアム労働時間短縮をコンセプトにした食事のキット “Kit Oisix」などを宅配するオイシックスと大地の健康食品宅配ファンデリーはている。

また、飲食店検索サイトが主力で生鮮食品のEC(電子商取引)サービスである「クックパッドマート」を展開するクックパッドなどの実績の動向を注視したい。

※この情報は、一般的な情報の提供を目的としたものであり、有価証券及びその他の金融商品に関するアドバイスや推薦を意味するものではありません。

READ  ★今日の[강추 결산]グッド小室A、アゼアスタキサンチン、トビーブラシステ(9月9日) - 週乗車

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close