経済

和島秀樹の「明日の号悪材料Next」〜第22回 – 週乗車

5G関連部品の設備増強材料に一時上値も、半導体の減益幅解消など

和島秀樹(Hideki Wajima)
株式記者
日本の勧業各円形証券(現みずほ証券)入社。株式新聞社(現モーニングスター)記者を経て、2000年にラジオNIKKEIに合流した。 東京証券取引所・記者クラブキャップ、解説委員などを歴任した。 現在レギュラー出演している番組にラジオNIKKEI「市場プレス」日経CNBC「デイリーフォーカス “毎週水曜日がある。日本の技術アナリスト協会協議会委員、国際公認の技術アナリスト連盟公認技術アナリスト(CFTe)。

[이번 체크 한 「내일의 호 악재 “기사 목록]

10月16日

10月19日

10月20日

10月21日

10月22日

10月16日〜22日継続個別材料が多かった印象。 島津製作所の好機を利用したコロナウイルス検査リバーレテックの水晶振動子の増産は、次世代通信規格「5G」追い風によるもの。

ロームは、LSIが成長減益幅が縮小することは、自動車電装用の回復はやや巣ごもりでPCなどの需要の増加が要因。 ニッポン高度紙工業はセパレーターの需要の増加に増額。

10月16日分島津製作所

■号悪材料〜息を用いた新型コロナウイルス検査を東北開発

島津製作所と東北大学は、共同研究を通じて、自然発散をサンプルとする「呼吸オミックス」による新型コロナウイルス検査法の開発に成功したと発表した。 呼吸オミックス号機に存在するウイルスや生体由来のタンパク質、代謝物質を分析する最先端の技術。

この研究は、文部科学省の第1次補正予算で新型ウイルス感染対策事業と内閣官房新型コロナウイルスAIシミュレーション事業の支援を受けて実施された。

号機に含まれる成分を約5分で採取島津の分析法で分析。 既存の鼻の奥から検体を採取する方法に比べて、患者のストレスや痛みが少なく、結果を得るために、約1時間で終わる。 臨床試験を経て、早期の実用化を目指す。

発表資料によると、今後、新型コロナウイルスだけでなく、個別化医療、遠隔・在宅健康診断、様々な病気の診断・治療・米疾病予防などに応用して、革新的な呼吸医療を展開するにある。

既存の主力であるPCR検査試薬、装置などは、HUグループホールディングス、非。 エム・エル、ファルコホールディングス、精密システム科学、タカラバイオなど

10月19日分リバーレテック

■号悪材料〜クリスタルの生産ライン増設などの生産能力増強のための設備投資を実施する。 投資額は6.3億円。稼働開始は21年6月予定

スマートフォンや自動車、医療機器などの電子製品の安定的な運営に不可欠な水晶発振子・水晶発振器の水晶デバイスの製造販売主力。 独自の技術で定評がある。

子会社の結晶装置の製造の心臓部である青森リバーテクノで、次世代通信規格「5G」とすべてのものがインターネットに接続IoT製品などに使用されている小型音叉型水晶振動子の設備増強する。

この設備増強は、5億円を投資して、今年5月から展開していたが、中長期の需要拡大のために、今回の追加投資を決定した。 投資額は前回よりも多くの6.3億円で、可動時期は21年6月を予定している。

増産される小型音叉型修正バイブレーター主にデジタル機器の電源管理とクロックソースとして使用されるタイミング装置。 5Gの進展に応じて、音叉型水晶振動子の小型化、低消費電力化、高信頼性の要求が高まると同時に、堅調な受注に対応できる供給体制の構築がさらに要求されることが予想される。

このような状況でとして、高品質の製品供給能力を高めることにした。 22年第3四半期以降の業績への貢献を期待することができるようだ。

クリスタル装置関連は日本電波工業、大真空、昭和真空など。

■クリスタル装置関連は日本電波工業、大真空、昭和真空など。 「主乗車 “プレミアムで確認できるリバーレテックの年間業績の成長性推移

[제목]

10月20日分ローマ

■号悪材料〜上半期の経常を2.1倍上方修正

カスタムLSI(大規模集積回路)で首位。 ダイオードなどの半導体素子と抵抗などにも展開。 技術力と開発力を認められている。 LSIは薄いシリコン基板に多数のトランジスタを集積させたもの。 計算や記憶、増幅などの電子機器の動作に必要な機能を提供する。 PCやスマートフォン、自動車電装、さらに高性能ゲーム機などにも使用される。

2021年3月期第2四半期累計(20年4〜9月)の業績予想を補正位し、売上高は前の予想を80億円超え1680億円(前年同期比11.0%減)、営業利益は同様に56億ウォン超過126億円(同29.0%減)した。

■「主乗車」で確認できるロームの最近の業績予想の修正

[제목]

新型コロナウイルス感染拡大の影響で依然として厳しい状況が続いたが、自動車生産台数が予想よりも早い回復に沿ったもの、巣ごもりやテレワークの普及に伴う需要拡大が見られたなどの売上高は当初予想を上回るように。 利益の増加は、売上高の成長と固定費の圧縮効果が寄与している。

21年3月期通期予想については、現在開発中であり、10月29日予定されている第2四半期の業績発表時公表予定

主要LSI関連銘柄は、デジタルメディアの専門家テラプローブ、アクセル、デザインエレクトロニクス、メガチップス、イノテックなどがある。

※この情報は、一般的な情報の提供を目的としたものであり、有価証券及びその他の金融商品に関するアドバイスや推薦を意味するものではありません。

READ  退職者が推奨 "停止したが、良い企業のランキング1位マッキンゼー"やめ前提と入射する「信じられないほどの理由は? :J-CAST会社ウォッチ[전체보기]

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close