エンターテインメント

和食おにぎり専門店のでギリ、ウォルナットクリークに来る

日本の人気屋台の食べ物であるおにぎりを製造するLa Cocinaで生まれたレストランOnigilliはこの夏Walnut CreekのLocust Streetに非常に必要なファストカジュアルオプションを開きます。

1372 Locust St.の現在De Afghananがある位置に、8月にドアを開け予定このレストランは、小規模Bay Areaチェーンの最初のContra Costa郡の位置になります。 オーナー兼創設者Koji Kanematsuはサンフランシスコに拠点を置くインキュベーターキッチンのサポートを受ける唯一の男性の起業家であり、現在サンフランシスコ、Palo Alto、およびSan Mateoのレストランを運営しています。

Kanematsu紹介:2006年に日本で初めて米国に来たとき、彼は寿司レストランが多かったにも関わらず、最も好きなスナックであるおにぎり、部分的に道のりた玄米と塩味具材を手に持って見ることができる三角形を見つけることができないという事実に驚きた。 海藻に包まれています。 2300年以上の歴史を持つファーストフードの必需品として、日本では寿司よりも頻繁に食べます。 そう 鬼ギリ (発音オ – ニー – 基 – リー)が生まれました。

メニューは簡単です。 おにぎりは本あたり3〜4ドルであり、ズワイガニと辛い味噌牛肉から椎茸蒸し、照り焼き厚揚げまでほぼ20種類の中を選択することができます。 Onigilliはエンドウ豆や海藻サラダのようなサイドと一緒にトリオ($ 6.50- $ 15)を提供しています。 また、お茶碗($ 13- $ 14)と、巨大なフォークボウル($ 13- $ 14)、スープ、おかずや抹茶と柚子チーズケーキを含むデザートを提供しています。

READ  「アサシンクリードヴァルハラ」が本日発売。壁紙の配布とオリジナル商品が当たるTwitterキャンペーン開​​催

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close