経済

回復の兆しを見せる日本国際線予約

日本の主要航空会社が発表した資料によると、ゴールデンウィーク連休期間の国際線予約が一部路線で回復の兆しを見せている。

先月4月29日から5月8日まで、国内線のフライト予約は政府がコロナ19準緊急措置を全面解除した後、好調を示した。 国内線予約者は221万7470人で、1年前より66.5%増えた。

日本航空の国内線予約は2倍増加し、大流行以前の2019年予約の75%に回復しました。 ANA Holdings Inc.のAll Nippon Airwaysの国内線予約は46.9%増加しました。

休暇中に国際線のフライトを予約した人数は、世界の一部地域で強化された制限が緩和された後、ほぼ5倍増加した134,83​​7人です。

JALの日本 – ハワイ路線予約は9倍増加しました。

JAL関係者は金曜日「国際線のフライトが再び人気を集める兆しを見せていることが明らかだ」と話した。

しかし、2019年に比べて予約はJALが73%、ANAが77%減少しました。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  シャープ、5G対応 "AQUOS zero5G basic」などの新型スマートフォン4製品を発表した。 スペック強化されたsenseシリーズにも注目だ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close