囲碁人材育成:日本のスター排出ゲームの人気回復

Estimated read time 1 min read

囲碁では韓国と中国選手が国際タイトルを掌握する傾向がある。 かつて世界最強国に選ばれた日本が強国の地位を回復するためには、若い人材を養成することに注力しなければならない。

囲碁3段中村すみれ(中村すみれ、14歳)が土曜日、韓国でプロ囲碁選手として出発し、公式競技に出場する。 日本人囲碁騎士が海外に進出したのは今回が初めてだという。

中村は、2019年に新しく設立された英才特別選抜プログラムの最初の選手としてプロにデビューしました。 昨年、彼女は13歳で女性の既成タイトルを獲得しました。

中村は韓国に移籍した理由で、より高い水準で競争する機会を挙げました。 彼女は抱負では「韓国で女子団体戦優勝をしたい」と話した。

最年少記録を相次いで更新したこの少女シンドンには新たな挑戦だ。 多くのファンは彼女のより大きな成長と成功を見たいと思うでしょう。

日本以外には中国、韓国、台湾に囲碁専門団体があり、最近では米国とヨーロッパにも囲碁協会が設立されています。 中国と韓国は幼い頃からエリート選手の育成に注力してきたし、両国は囲碁強国に浮上した。 韓国では眩しい実力を持ったスター囲碁選手たちが登場して大きな人気を集めている。

日本の囲碁コミュニティは、この機会に積極的にゲームを促進し、ファンの基盤を拡大する必要があります。 このために中村が韓国で自分の技量を存分に発揮して良い成績を収めるものと期待される。

日本生産省本部の「余暇白書」によると、2022年囲碁人口は10年前の3分の1にもならない130万人に減った。 一方、長期は竜王のタイトル保有者である藤井翔太の成功に支えられ、ファン層を拡大している。

中村がプロに進出した後、日本囲碁界は10歳1段藤田レオ、13歳1段柳原咲など才能のある若い選手たちをプロに打ち出した。 これは中国と韓国選手たちとの囲碁実力格差を狭めるためのもので、日本囲碁界の危機感を示唆すると見られる。

今後、日本の囲碁コミュニティは、学校や地域社会と協力して子供のための囲碁授業を拡大し、何よりも有能な囲碁選手を発掘できるように、専門囲碁選手のオンライン教育を導入することが重要になるでしょう。 初心者に囲碁の楽しみを伝えることができるゲームやスマートフォンアプリを開発することも効果的な方法になるだろう。

日本では囲碁が伝統文化の一部だという認識が強かったが、最近はチェスや他のゲームと似た「脳スポーツ」として注目されている。 昨年、中国杭州アジアゲームでは囲碁が正式種目として採択され、日本は男子団体戦と女子団体戦の両方で銅メダルを獲得した。

日本選手の能力値を高めるためには、戦略的に実力を強化することが必須である。 日本は日本選手が戦術をさらに研究できるように、中国、韓国との試合回数を増やすなどの措置を通じて世界1位の座を奪還することを目標にしなければならない。

(2024年3月1日付読売新聞より)

READ  東京ゲームズ報告書は、森の性差別的発言以来、肯定的な部分に焦点を当てている。
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours