国債利回りでドル上昇、ホットインフレでポンド下落

Estimated read time 1 min read

ニューヨーク、10月19日(ロイター) – 水曜日、米国債の利回りが14年の最高値に上昇し、ドルが2週間の低点で反騰した一方、英ポンドは予想より高い英国消費者物価インフレとイギリスのより深い景気後退に対する恐怖で弱気を見せた。 11月、英乱銀行(BoE)のあまり積極的な金利引き上げに対する期待が高まりました。

米ドルはまた円に対して32年ぶりに最高値を記録し、一部のトレーダーは財務省と日本銀行が暴落する通貨に介入できると考える150選に近づいた。

ベンチマーク10年物国債利回りは、投資家が連邦が上昇するインフレを下げるために積極的に金利を引き上げて米国の通貨に対する需要を高めるという期待を維持しながら、より高い行進を再開しました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

米国中央銀行は11月1-2日の会議でさらに75bpの金利を引き上げると予想され、12月にはさらに50bpまたは75bpの引き上げが可能です。

TD Securitiesの上級外国為替戦略家であるMazen Issaは、「ドルを弱める試みはまだ早すぎる」と述べた。 米ドルは、中核インフレの勢いが緩和され、連邦があまりにも魅力的な立場に転がるまで上昇し続け、「短期的にはそうではない」。

ドルインデックスは、主要通貨バスケットに対して0.73%上昇した<=USD< 112.76です。 ユーロは0.80%下落した0.9782ドルを記録した。

英国ポンドは、9月の英国の年間消費者物価インフレが9月に10.1%まで小幅上昇し、予想以上に高まった後、7月に40年ぶりの最高値を記録した後、0.61%下落した$1.1249を記録しました。

Eburyの市場戦略責任者であるMatthew Ryan氏は、「イギリス経済の見通しは比較的暗い。借入コストが急増し、消費者物価が高騰し、政府が信頼を得ずに混乱に陥った」と述べた。

投資家たちは、11月の会議で、BoEが金利を100bpではなく75bp引き上げることができる英国のインフレと景気後退の見通しの中で、ポンド化が圧迫を続けると予想しています。

金利の引き上げは一般的に通貨を上昇させるが、イギリスの場合、焦点はすでに不安定な経済に害を及ぼすほどである。

Issaは、「経済は困難に直面し、通貨は巨視的な観点から見通しの変化を反映するためにリリースバルブになる必要があることを意味します」と述べた。

円時計

ドルはこの日149.71円で0.32%上がった。

トレーダーは、通貨ペアが主要な心理的障壁である150に向かって押し出されているため、日本の財務省と中央銀行が再び市場に参入することを非常に警戒しています。 通話をサポートします。

鈴木俊一(Shunichi Suzuki) 日本財務相は、水曜日の為替レートを「細心の注意」にし、より頻繁に確認していると述べた。

BOJは柔らかい経済を支えることに焦点を当てているので、急上昇するインフレに対処するために緊縮通貨政策を展開する世界中の中央銀行の間で依然として特異点として残っています。

================================================== == ======

午前10:14(1414 GMT)通貨入札

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

ロンドンのJoice Alvesによる追加報告。 Emelia Sithole-Matarise 編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  Thani Al Zeyoudi博士は日本側の大臣と会い、両国経済協力の強化について議論する。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours