技術

国産オープンワールド3Dアクション「Faye / Sleepwalker “Steamで2020年12月配信。 2つのモードを切り替え戦う爽快なハイスピードアクション| AUTOMATON

国内インディーズゲーム開発スタジオPhantomIslandは11月3日「ペイ/スリープウォーカー」2020年12月Steamで発売すると発表した。 日本語/英語/中国語(繁体字)に対応し、価格は1980円。 今回の発表に合わせて発売トレーラーも公開されている。

「Faye / Sleepwalker」は2つのモードの切り替え敵戦闘を繰り広げるオープンワールド高速3Dアクションゲームである。本作の主人公は、巨大な謎の存在半身に力を分けて受けた少女フェイ。フェイは「ディの凶行停止」という社名に基づいて行動していたいくつかのきっかけで、元の反逆。戦いの末、地上で目を覚ますフェイは自分のルーツを探して広大な世界を探索する。

元力を分けてた半身のページは、強力な力を備えている。 その力の一方は、攻撃的かつ迅速なスリープウォークモードである。 戦闘中にスリープウォークモードに切り替えると、ページの移動方法は、高速ホバー移動に切り替え、攻撃の威力と範囲が上昇。 いくつかの通常攻撃時、敵の位置まで転移攻撃になるなど、ページが持つ力を存分に発揮する。

しかし、スリープウォークモードに危険がある。 通常モードに比べてダメージが上昇してしまううえ、体力自動回復を停止し、2段ジャンプすることができなくなってしまう。 攻撃的な行動の方、防御面は手薄されているわけだ。 また、モードを問わず、ほとんどの攻撃は回避とジャンプでキャンセル可能で、回避の無敵時間が長く設定されている。 したがって、慣れてくると、スリープウォークモードだけ乱闘も可能かもしれないが、公式サイトによると、状況に応じてモードの切り替えが戦闘の鍵になるという。

本作のアクションにスタジオ代表加瀬さんは「攻撃で何も出てこないとか、モーションがすべて終わるまで動かなかったり、すべての排除しました。気持ちの根幹を脅かす部分で特に重要に考えています」と語った。 公開された体験版を触った結果、インタラクションもよく、高性能キャラクターを使用したスピード感のある爽快な戦闘を期待することができるようだった。

フェイが訪問する場所では、城内に並ぶ屋台やバー白く染まった雪原、ビーチ、鉱山、草原などを確認することができる。 スクリーンショットは、誰から引き受けた依頼リストとメモリボードのスキルツリー風のシステムも写っており、フィールドを探索しながらクエストを受けて、キャラクターの強化しながら、ストーリーを進めていくものである。 専門声優が担当するCVなども公開されている。

本作を開発したのは、国内のインディーズゲーム開発スタジオPhantomIslandある。 このスタジオは、代表ハンク氏が専門学生時代のゲームを開発したチームをベースに、「会社で作ることができないゲームを作ろう」と2016年2月に開始された(多今月ルースマシン)。 現在のスタジオは6人で、開発期間は2016年8月に試作品が開発されてから4年。 2018年11月の時点では、2019年に発売が予定されていたが、カゼインさんを含む会員の忙しいや体調不良重なっ結果煙となり、今回の発表を通じて、2020年12月に発売予定である。

ページ/スリープウォーカー“は、Steamで1980円で、2020年12月に発売予定です。Boothは戦闘と先頭のストーリーが楽しめる体験版も配布されている。


READ  Steamでコントローラを使用するプレイヤーが過去数年の間に急増。 PCゲームもゲームパッドでプレイ時代| AUTOMATON

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close